ガスマスク

 

戦争になる、戦争になるといい続けて、何ヶ月たったことだろうか?
やっと(不謹慎かな?)始まった。
ペサハの予定されていたパーティーも中止になり、
「ガスマスクを携帯するように」という軍からの御触れもでた。
キブツ内でも、肩からガスマスクの箱をぶら下げて歩いている人を見ると、
はたしてテルアビブやハイファなどの都会では、どんな様相なのだろうと想像してしまう。
朝からテレビで、クウェートの人々がガスマスクをつけている姿を見せ付けられれば、
恐怖心も増すだろう。
そういう私は、ガスマスクを持っていない。
旅行者には売られているが、あまり必要性を感じないので買っていない。
危機感がないと叱られるが、実際、「科学兵器は肌からも吸収されるため、
ガスマスクだけでは防ぐことが出来ない。」と聞けば、気休めにしか思えない。
巷では、今夜あたりイスラエルへの攻撃があるのでは・・・・
と言っているが、果たしてどうなるのだろう?
北の果てに滞在している私は、イラクの動きに乗じて、
レバノンが元気付かなければいいが・・・と心配している。

在イスラエル日本大使館は、今日を持って大使館公邸へ移動した。
退避勧告も連日のように聞いている。
しかし、慌てて退避すべきなのか?否か?
遅かった・・・・では、いけないことはわかっている。
しかし、私の愛している人々を放って、逃げることはできない。
今日はひとまず通常どうりの一日が終わろうとしている。
子供は学校へ行き、大学生は大学へ行き、技術者は電話回線の点検をしている。
夜には中止になったパーティーの代わりに、ささやかな催しものがあるという。
ここの人々は、こんな状況は慣れているが、うんざりなのだ。
私も、この状況はうんざりだ。
すべてが止まってしまって、何事も先に進まない。進めることができない。
すべてが戦争次第・・なんて状況で、どうやって生活が成り立つのか?
改めて、この国の人々の苦悩を思う、そして強さを感じる。
イスラエルは今、緑豊かに花々が咲き誇っている素晴らしい季節だ。
この美しさを、誰に伝えることができるだろうか?

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中