Nahal Dan

ゴラン高原にはカヤックができる場所がたくさんある。
水量も豊富で、大きさも十分なDan川は、年中多くの人でにぎわっている。
私達は一番北のMayan Baruhで、カヤックをした。
自然公園の中は、キャンプをする人たちのテントで、地面が見えないほどだった。
自然を求めてテントを張るのもいいが、
こんな満員御礼、即席団地のような状態になってしまった場所で、
キャンプをすることに、大きな疑問をもちながら様子を眺めていた。
日本だけでなくイスラエルも、休日となると一つの場所に人が集まるらしい。

いつものごとく、人ごみを避けるため、早朝から出発し、カヤックもほぼ一番乗りだった。
順番待ちすることもなく、スムーズに川へ流れ込み、
川の中もカヤック渋滞がおきる前の、静かな清清しい状態だった。
始まりは少し急流で、初めての私は「ぎゃ-ぎゃ-」とわめいていたが、
途中からはなだらかで、流れに任せてゆったりとカヤックを楽しんだ。
約6キロ、一時間ほどのカヤックは、少し物足りなさが残るが、
初めての私には、ちょうど良い体験だった。

カヤック後は再びヘロモン山近くのドルーズ村、Masadeへ行き、
最高においしいファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)と、ラバネ(クリームチーズ)、
フムス(ひよこ豆のペースト)をおなかいっぱい食べてきた。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中