VISAの話

結婚後のVISAについてのお話。
結婚したからといって、簡単にイスラエルの身分証明書がもらえるわけではない。
サイプラス結婚または日本国内で結婚した場合、
イスラエル入国時に、ほとんどのケースが一ヶ月のVISAとなり、
イスラエル内務省へ行かなければならない。
内務省へは、婚姻証明書を提出し、750シェケル(2万円)を払い、
そして、3ヶ月の観光VISAを得る。
なぜ観光VISAかというと、猶予期間かつ必要書類準備期間のようなものだ。
私の場合、必要書類としては、日本での犯罪証明書を用意しろ、ということ。
もちろん犯罪歴はないし、あったら入国できないだろ!と思ったが、
日本大使館へ問い合わせ、犯罪証明書を用意してもらうこととなった。
生涯初めての「両手指紋取り」をし、多少の犯罪者気分を味わい、
その指紋が警察庁へ送られ、約2ヵ月後に判定書が送られるということ。

このように何かと書類の準備をしなくてはならず、3ヶ月の観光VISAとなる。
日本から初めてイスラエルに入り、異国の地に慣れるためには良い期間だろう。
しかし、私にとってはなんとも長い、無意味な猶予期間だった。
この間、とにかく何もできない。
労働VISAもないので働けない、旅行者の身分なので何もできない。
保険にも入れない。改宗もできない。
大使館から連絡が来るのを一日一日と、待つ日々。

そして先日、約2ヶ月半かかって、犯罪証明書が日本から届けられた。
即刻、その犯罪証明書を内務省へ持参し、改めてVISAの更新をする。
今回のVISAは、労働VISAを含む6ヶ月間の特別VISA。
イスラエルでの身分も、レベルアップといったところ。
6ヶ月後には、再び内務省へ行き、仮身分証明書が支給される予定。

もちろんユダヤ人であれば、このような手続きは一切必要ない。
これらの手続きを、5年間続けていくことを思うと、
やはり、改宗してユダヤ人になってしまうことのほうが早い気がする。
内務省での手続きは、行って5分で終わるというものではない。
毎回、早朝に順番待ちの札を得るために2時間前から待ち、
たとえ3番の札を取ったとしても、2時間待つことだってある。
散々待たされて、順番がまわってきても、
担当者の気分でVISAがもらえないことだってある。
そんな理不尽な対応に、忍耐で堪えなければならないのである。

だからといって、改宗が簡単なわけでもない。
しかし、ユダヤ人の国であるイスラエルは、ユダヤ人であることで、
すべてがすんなりすすむのだ。
こうして新たなVISAを手にした今、物事が多少運びやすくなるため、
再び改宗にも挑戦する予定だ。
仕事も得たいが、改宗もしたい。
改宗が運良く始まると、仕事を今すぐに得ることはできなくなる。
仕事を運良く得ると、改宗がやりにくくなる。
そんなジレンマを抱えて、今は来るべき時を待っている。
仕事が先か?改宗が先か?

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中