テロリストの暗殺

イスラエル軍による、シェフ アフマッド ヤシィーンの暗殺以来、
イスラエルのみならず、世界中がテロに脅えている。
ニュースで聞いた時は、「よくやった!」と、思わず言ってしまった。
一緒に聞いていたイスラエル人の女性も、「申し訳ないとは思わないわ」
と、声を大にして言った。

シェフ アフマッド ヤシィーンはテロ組織ハマスの精神的指導者であった。
イスラエル人にとっての悪の権化を、各国さまざまに報道していた。
平和主義者などと報道している国もあったが、
理由もなく国総がかりで人一人を殺す計画は立てない。
彼の暗殺から、10日ほど経つが未だ何も起こっていない。
直ぐに報復が来ると思っていたが、この静けさがより不気味である。
テロを恐れ、イスラエルへの旅行はもちろん、多くの観光がキャンセルされている。
イスラエル人にとってもバスの利用や、ショッピングセンターなど、
標的にされそうなところは控えるなど、人々は警戒している。

もう直ぐ、イスラエル最大の祭日ペサハ(過ぎ越しの祭り)がやってくる。
春の到来を喜び、ユダヤ人としてのアイデンティティーを再認識する。
春のピクニック・ドライブ、BBQにはもってこいの季節。
みな車に乗り込み、都会から離れて自然に浸り、
少しでもテロから遠ざかろうとしている。
いつものことだが、何事も起こらないことを祈るばかりだ。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中