Nahal Sarakh


イスラエルの祭日ペサハは、春の到来(夏の暑さ)を告げる。
祭日としては一番長いものである。(子供達は3週間くらいある)
花の季節は終わりに近く、ペサハの後は乾燥し、大地は茶色へと変わる。
しかし、今年は雨量も多く、ティベリアは過去最多の水量である。

祭日を利用して親戚の家族と、近くへトレッキングに出かける。
前日から夏のような暑さになり、また人出も見込まれたので、
早朝8時30分から移動開始。キブツからは車で10分の距離にある、
キブツ・エイロンがトレッキングの終点になるので、一台車を止める。
そこよりもう一台の車で10分ほど移動し、トレッキングの出発地点に到着。
念入りに日焼け止め・水を飲み、およそ4時間のトレッキングを開始。

道は緩やかで、木陰が多く、緑豊か、花満開のすばらしい道のりを行く。
冬には川であっただろう川底の道を歩き、途中の洞窟を探検し、
子供達と愛犬タマと共に、ファミリートレッキングを楽しむ。
川底を歩きながら、いつ水が出て来るんだろう?と思ったとたんに、
水量の多い、川の流れる音を耳にし、子供達と一緒に興奮する。
川の水は冷たく、タマも子供も喜んで水浴び開始である。
タマは川の魚を捕ろうとしているのか、しきりに口をあけて興奮している。
しばしの水浴び後、お茶を準備し、温かいハーブティーで心を癒す。
時間はすでに12時となっており、人出も多くなり、他の犬や子供達で、
道は渋滞気味となり、タマは興奮冷め止まず、レゲブの頭を悩ます。
しかし、タマにとっては最高の水遊び散歩だったはずだ。
休憩をたくさん入れておよそ5時間、ファミリートレッキングには最高。
春の最高の時期に最高の場所を堪能し、再びイスラエルの美しさを再確認。
久々のトレッキングは少し簡単だったので、次回はハードなスポーツトレッキングを期待

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中