フムス(ひよこ豆のペースト)

イスラエルの食事を上げるとしたら、一番はなんと言っても「フムス」。日本でも売られている、ひよこ豆のペーストです。イスラエルではピタパンにつけて、トマトやピクルスをはさんで食べるのが常識。いわゆるイスラエルのファーストフードでしょう。食べ終わったあとには、とにかく動けなくなるほど、お腹いっぱいになるので、安くてボリュームたっぷり。ユダヤ料理とは言わず、中東料理で、アラブ人の食事になります。彼らはフムスを朝から食べて仕事するのだから、たいしたものです。イスラエルで一番フムスがおいしい店は、アッコのオールドシティーにあるサイードという名前のフムス屋さん。連日長蛇の列で、一日分のフムスがなくなったら店を閉めるという人気。早い日はお昼前に閉まってしまう。座って、注文して、食べて、トータル15分で店を出る。まるで日本の人気ラーメン屋みたいなもの。レゲブは一大決心で「おいしいフムスを作る」とひよこ豆から、レシピから吟味し、出来上がったフムスはなかなかのおいしさ。でも、この先一ヶ月はフムスを見たくないというほど、たべさせられた。レゲブの手作りフムスを年末に食べるというのが、恒例になりそうな予感・・・・

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中