レゲブの仕事

レゲブが日本へ来てやっていた仕事が公式発表された。
産経新聞によるインターネット新聞である。
レゲブの雇い主は開発のヤッパ(YAPPA)。
ヤッパの3D技術はイスラエルのレゲブの会社の特許だそうだ。
この仕事でレゲブのになった役割は大きく、
レゲブなしではインターネット新聞はこんなに早く実現できなかったと言うことだ(本人談)。
実際、彼がこのプロジェクトにかかってからの3ヶ月間は、夜昼なく・・・働いていた。
レゲブのプログラミングによって、紙の新聞をそのままインターネットに載せることが、
出来るようになった・・・・??? これの何がすごいのかはわからないが、
サンケイ新聞がほしかったことなのだから、いいのだろう。
このプロジョクトのおかげで、レゲブは2度も日本へ行くことが出来たし、
日本の企業の素晴らしい接待も受けてきたし、
日本人と日本について、より理解を深めたのだから、私にとっては、いいことばかりだ。
レゲブの仕事は、表にはイスラエル人がかかわっていたとは、
ひとつもわからないが、10月1日からサービスが開始される。
ちなみに、レゲブの雇い主のヤッパの社長は、22歳の若手実業家である。

サンケイのインターネット新聞についての記事
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20087360,00.htm

インターネット新聞のサンプル
http://www.sankei.co.jp/netview/

㈱ヤッパのホームページ
http://yappa.co.jp/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中