ヨム・キプール(贖罪日)

新年から10日目がユダヤ人の超聖なる日、ヨム・キプール。この日はまさに神の裁きが下る日(キャー恐ろしー)・・と、ユダヤ人は思っている。ユダヤの神のもとには「命の書」という記録があり、人々の一年の行いがこと細かに記載されている。新年から10日間、神はその記録を調べ一人一人を審判するのである。そして、10日目のヨム・キプールに神は人の運命を決定する・・・というのがお話し。この日は断食をして、一日中祈って、神の慈悲をこうというのが一般的で、テレビもラジオも空港も停止される、とーても静かな日なのです。最後には皆が許されて、新たな1年を迎えるという、超ご都合主義だが、この世話しないご時世、一日中テレビをみない日や、食事をとらない日があるのも、オツではないだろうか。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中