ハヌカ(光の祭り)

キリスト教にはクリスマス、ユダヤ教にはハヌカがこの時期やってくる。ハヌカは8日間ハヌキヤと呼ばれる燭台に一日一本づつろうそくをともしていく。ユダヤの歴史に基づいた奇跡を祝う祭りである。その奇跡とは、ユダヤの神殿がギリシア人によって占領されたが、その神殿が解放されたとき、わずか一日分しか残っていなかった燭台をともす油が、8日間も燃え続けたというもの。この祭りは子供達にとっては祭日となり、連日パーティーである。歌い、踊り、ユダヤの奇跡を伝える。しかし何よりも大人も子供も楽しみにしているのは、ドーナツを食べること。油の奇跡にちなんで、油であげるドーナツを食べるのがハヌカの楽しみ。皆がカロリーを気にしながら、大きなジャムの入ったドーナツをほおばるのである。 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中