停戦前日の悪夢

一晩たった今でも、震えがとまらない。
停戦前日の昨日、私とレゲブは生と死の狭間に直面した。

昨日は朝からシェルターにいるようにと警告が流れていた。
職場にいた私は、いつものように最下位の倉庫に避難し、しばらくして仕事に戻った。
10時45分、再び避難警告が出され、私達は倉庫に避難し、
私はガラス張りの景色の眺められる螺旋階段に腰をおろして、
ミハエルとニシムが車をすぐ近くに止めて、出てくるところを眺めていた。
その直後、爆音が響き、建物が揺らぎ、ガラスが砕けた。
私は立ち尽くしていた。
私の上司が負傷し泣き叫ぶミハエルを、外から引きずりながら中へ運んでいた。
そして、2発目の爆音とともに、車が燃え上がり、螺旋階段のガラスは砕け散った。
私は血に染まった床を眺めてぼうぜんとし、ニシムに抱き抱えられ、
倉庫の奥に避難し、号泣していた。
その場は騒然となり、女性は泣き叫び、そして、爆音は続いていた。
みなが私に怪我がないかと聞き、「私は大丈夫」と、言葉にするのがやっとだった。

私はショック状態だった。
体の震えがとまらなかった。ひとつ間違えば、私は死んでいた。
少なくともミハエルのように負傷していた。
すべては私の目の前で起こった。

その時、私の職場にロケット弾が着弾したので、至急帰宅するよう連絡を受けたレゲブは、
国境沿いの道を運転していた。そして彼の10メートル先にロケット弾が着弾したのだ。
彼は無事だった。そのまま、運転を続けて無事に帰ってきた。

私は倉庫に1時間ほどいただろうか、ショック状態から少しづつ回復し、
レゲブの両親の家へ連れて行かれ、10分後、レゲブと再会することができた。
そのときはまだ、レゲブの身も危なかったことは聞いていなかった。
レゲブから、ロケット弾が彼の車のすぐ近くに落ちたことを聞いて、
私は二人がほぼ同時期にロケット弾のそばにいて、
そして、何事もなかったことに、ただ感謝した。
こうして、無事に会えた幸運に感謝した。

レゲブは、私の職場にロケット弾が着弾したこと以外は、
何も聞かされず、ただキブツへ帰れといわれたそうだ。
車のなかでラジオを聞いたとき、ロケット弾で一人死亡というニュースを聞いて、
私が死んだと思ったそうだ。
何度もケイタイに電話をかけても私は答えず(停電で電波が倉庫までとどかなかった)、
レゲブは日本の家族に何を言うべきか考えたらしい。
その話を聞いて、胸が締め付けられる思いだった。

その日は、その後も絶えることなく、避難警報が鳴り響いていた。
ロケット弾による死者1名、負傷者5名(そのうちの一人はミハエル)。
停戦直前のヒズボラの攻撃だ。
停戦になったからといって、ヒズボラがロケット弾の攻撃を止めるとは、保障できない。
職場はすべてが終結するまで、操業停止になった。
ミハエルとニシムが乗っていた車は、見事に運転席にロケット弾が落ちていた。
一分遅かったら、二人は死んでいた。
すべてを眺めていた私は、今でも彼らが車から笑顔で降りてくる光景が忘れられない。
その直後の出来事だった。
ミハエルは戦争中職場にきていなかった。
そして昨日、一ヶ月ぶりに職場に復帰した矢先の出来事だった。
不運としか言いようがない。

一晩たって、冷静に昨日の出来事を考えることができる。
やはり、私もレゲブも幸運だったとしか言いようがない。
二人とも、1分、1メートルの差で、事態は大きく違っていた。
停戦が始まって30分たつが、すでに避難警報がなっている。
レゲブはまた兵役に戻る。いつ終わるかは、まだわからない。
何事も起こらなければ、近いうちに帰ってくるだろう。
そして、一ヶ月前のように、静かな正常な日常にもどることができるだろう。
今は、ただ、私達二人の幸運に感謝し、二人でいる時間を大切にしたい。

広告

停戦前日の悪夢」への2件のフィードバック

  1.  えっ、まさかとしか言いようのない瞬間でしたね。レゲブさんが、あなたの新潟のご家族を思ったお気持ちに、こころを動かされました。
     あの日、見せていただいた国境線から、その臨場感がさらに伝わってきます。
    今後のおふたりの静かな日常を、あらためてお祈りしています。

    • この記事を読むたびに、あの時の現場の光景が蘇り、こげた臭いを鼻に感じます。そして、今、レゲヴと静に生活していることに感謝し、樋口さんご夫婦とHanitaで、お会いできたことに感謝の気持ちです。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中