イスラエルの植物:アーモンドの花

やってきました、花咲く季節。
春のようなうららかな陽気に、まずは御当地キブツ・ハニタを散策。
レバノンとの国境沿いに位置する、丘の上のハニタ。景色を眺めながらの花探し。
まず出会ったのは、タマの掘り出しもの、野生カメ。
この季節になると、タマは必ずカメを見つけてきて、得意げに見せてもって帰ろうとする。
タマの恨めしい顔を無視して、カメは元の場所へお帰りいただく。
そして満開のアーモンドの花と遭遇。
桜かな・・・・?と思わせるような見事な咲きっぷり。
イスラエルの春の到来を告げる花、美しい花の後にはアーモンドが実をつける。
しばし、満開の花びらが散る木の下でお花見。
真っ赤なアネモネの花や小さな花々を観賞し、短いイスラエルの春の到来を楽しんだ。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中