Ein Afek

今回のコースは、小さなお子様連れ、なおかつ、乳母車でもトレッキングを楽しめる、
完全ファミリーコースの紹介。
アッコからハイファへ向かう国道沿いは住宅地と工場で埋め尽くされ、
とても自然の存在するような様相ではないが、
一歩奥へ進むと、かつて壮大な沼地だったはずの草原Ein Afekが広がり、
未だ残る沼地は、自然区域として保護され、鳥や生き物たちの楽園となっている。
ペリカンや数々の渡り鳥達の姿をながめながら、遺跡を探索したり、
木の上に止まっている鳥の姿を、望遠鏡で眺めて、子供に教えたり、
ナマズに餌をあげたり、池の上をのんびりと歩いたりして、
小さな子供達に、自然体験と、鳥や魚や動物達について、親が教鞭を振るうことができる、
・・・という、なんとも素晴らしい場所なのである。
天候にも恵まれ、レゲブの弟の子供ヒラ(オーロラという意味)も大喜びで、
ナマズに餌を与えていた。
ヒラは鳥と沼とナマズを知り、また一つ成長したことだろう・・・・・?
ナマズの大群は、ちょっと・・・・怖かった・・・
小さなお子様ずれ、赤ちゃんずれには、最高の場所。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中