オバマ氏とイスラエル

バラク・オバマ氏のイスラエル訪問は、映像的にも良かったのではないかと思う。ホロコースト記念館を訪れ、嘆きの壁を訪れ、「アメリカはイスラエルが好きです。そしてユダヤ人も好きです」と、大統領選挙でただでさえ注目を浴びてる彼は、
立派にユダヤ票に対してアピールをしたのである。個人的には、当初からオバマ氏に一票の私なので(政治的論理なしで)、こうして彼がイスラエルを訪れることは、好感が持てることであり、期待度も膨らむというものである。オバマ氏が今までの親イスラエル路線を引き継がなくとも、彼の掲げる「変革」が、世界中に「変革」をもたらしてくれれば・・・・と、新しいアメリカの大統領が誕生する事を、期待してしまうのである。余談だが、彼のキパ(頭の皿)姿はなかなか似合っていると思う。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中