イスラエル音楽の遍歴 (5): オリエンタル音楽

イスラエルには大きく分けて二つの民族集団がある。アシュケナジィ(Ashkenazi, אשכנזים)とは、ショアにより欧州・東欧より移民してきたヨーロッパ系の人々のことを呼び、ミズラヒィ (Mizrachi, מזרחים)とは、アラブ諸国のイスラム文化の中で生活していたユダヤ人達のことを呼ぶ。ミズラヒィの音楽は、彼らがモロッコ・シリア・イラク・イエメンなどのアラブ諸国からの文化を強く受け継いでいることや、アラブ語のアクセントがあるなど、歌に独特のアラブの特徴が見られる。歌いまわしや雄叫びが日本の演歌のように感じて、私の中では「ミズラヒィは演歌」となっているのだが、レゲヴはそれを否定する。オリエンタル度120%のイスラエルの演歌である。

 

Zohar Argov (זוהר ארגוב‎) – “HaPerakh BeGani” (“The Flower in My Garden”)

Zohar Argov は「King of Mizrachi」と称される伝説の歌手である。イエメンからの移民の子で、子供の頃の生活は非常に貧しかったらしい。当時はミズラヒィの歌はポピュラーでなく、彼はミズラヒィに対する差別への反発も歌にこめて歌っていた。彼の声・才能ともに素晴らしく、レコーディングも一回で終了するほどだったらしい。しかし、1987年、32歳という若さでこの世を去る。ヘロイン常用者であったことが死因と関係しているらしいが、正確は事はわからない。彼は死して「キング」の座を不動のものとしたのである。

 

 

Sarit Hadad (שרית חדד‎) – “Hagiga” (“Celebration”)

Sarit Hadad はミズラヒィのみならず、イスラエルのポップ歌手No1。アゼルバイジャン出身で、音楽一家に生まれた彼女は、小さな頃から天少女として有名で、8歳からピアノ・ギターなどの演奏活動をしていた。ポップシンガーとしてデビューしてからの彼女の活躍は目覚しく、現在も、好感度No1の人気歌手である。ちなみに、マドンナは彼女のファンだそうだ。

 

 

Amir Benayoun (עמיר בניון) – “Omed ba Shaar” (“Stand in the gate”)

最後にレゲヴのお気に入りのミズラヒィ音楽を一つ。レゲヴはこの曲を、起床と共に目覚まし代わりに聞く(迷惑な話だ)。Amir Benayoun は、若い頃から彼の父と兄弟と一緒に演奏活動をしており、1999年に彼の1stアルバムを作成し、大ヒットする。多くのミュージシャンから、その才能を認められており、レゲヴも絶賛する注目のアーティストである。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中