イスラエルの総選挙    

やっぱり総選挙ですか・・・という結果になったのが26日。それからというもの、連日、選挙がいつになるのか?と、政治家達が喧々諤々と言い合っていたが、やっと日取りが決まったようだ。2月10日、トゥ・ビ・シュバット(樹木の新年)の直後。冬は雨が降るからダメだとか、宗教祭日の直後は、疲れているからダメだとか、みんなが言いたいこと言っていたが、どうせ、投票日当日は、国民の休日になるんだから、いつだって良いじゃないか・・・と、投票権のない私は思っていた。

前首相のシャロンが新党カディーマを作り、その直後に急病で倒れ、シャロン魂のカディーマ党が選挙で勝利してから2年。確かに、それからいろいろと状況は変わり、2年前の選挙で敗北したリクード党のネタニヤフ(ビビ)は、何もせずとも力をつけ、再び返り咲きの絶好の機会を迎えたわけだ。カディーマ党党首のツィピー・リブニの組閣の交渉失敗は、正直残念な結果であるけれど、このままリブニーが連立政権を続けていくには、不安要素がありすぎなので、ここで、リブニー自身が自分の株を上げるためにも、この解散総選挙への決断は、いたしかたなしと言ったところだろう。カディーマ党の党首選挙で負けたシャウル・モファズは、党首選挙後、政治家活動を休止するなどと言っていたが、それも撤回し、カディーマ党No2の座を、リブニーに約束され、総選挙へと党の体制を固めてきている。

世論で一番人気のリクード党のビビ、名前を売ったカディーマ党のリブニー、労働党のバラク。その他、総選挙に向けて面白い人物もいろいろと登場中。来週にはアメリカに新大統領が誕生する。はたして、イスラエルの新首相は誰になるのか?面白いイスラエルの選挙は、今始まったばかり。乞うご期待。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中