スーダンからの亡命家族

sudan-09_wa

私の住むキブツ・ハニタには、2007年にスーダンから亡命してきた家族が住んでいるのだが、今、その家族をめぐって問題が持ち上がっている。

2007年、スーダンで起こっている紛争を逃れるため、イスラエルへ700人あまりのスーダン人が亡命してきた。そのほとんどが南のエイラットにあるキブツに一時的に避難することになり、キブツ・ハニタも二つの家族の受け入れを決めて、彼らに衣食住の全てを与えて世話をしてきた。半年ほどして二つのうちの一つの家族は、エイラットへと引っ越していき、一家族だけがキブツに残って生活することになった。彼らは、ちょうど私の住む一軒となりに住み始め、双子が生まれ、つい最近もう1人子供が生まれ、旦那さんはバナナ畑で仕事をし、奥さんも食堂で仕事を手伝い、子供たちもキブツの保育園に通い、幸せそうに暮らす姿を見ることができた。

そしてつい先日、ニュースに隣人のスーダン人家族について書かれてあり、その時はじめて彼らが問題に直面していることを知ったのである。キブツ・ハニタはスーダンからの家族を、一年間ということで受け入れたのだが、その後もスーダンの情勢は好転せず、もう一年延長して現在まで世話をしてきた。そして2年たった今、キブツは彼らの世話を止め、すぐ近くの Shlomi (シュロミ)という町で家を借りて生活するように促したのだが、Shlomi の町長が彼らの移住を拒否し、水道を通さないなどの嫌がらせをしようとしているらしいのだ。町長の理由としては、以前、レバノン南部からの亡命者が同じように問題を起こして、その尻拭いをさせられたとことを例にあげ、「スーダン人にかかわらず、他国からの亡命者は最終的にお金を払わず、問題を起こす。私達の町は、キブツのゴミ箱ではないんだ」と語っている。もちろん、スーダン人の家族は、バナナ畑で仕事もして給料ももらっており、家賃も何もかもきちんと払うと言っているのだが、聞く耳を持たないらしい。

私達キブツ・ハニタの住民はこの一件をニュースによって知り、「なぜキブツは、彼らをキブツから追い出そうとするのかわからない」と口をそろえて今回の件に異論を唱え、彼らがキブツに留まるようにキブツに働きかけている。なぜ、キブツが彼らを追い出すような決定をしたのか、いまでもはっきりとわからないのだが、どうやら、キブツに住みたい順番待ちの人々が多く、その人たちのための住居が不足しているのが原因の一つのようであるが、だからといって、スーダン人の家族を追い出すというのも、解せない話しであるが。

今のところ、スーダン人の家族はキブツで生活をし、バナナ畑での仕事を続けている。今後どうなるのかは、追って記載したい。

 

にほんブグ村 海外生活ブグ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

スーダンからの亡命家族」への3件のフィードバック

  1. Shlomi の町長の言葉は、北海道の銭湯や温泉で「外国人禁止」の張り紙を思い出します。一部の外国人の行動のせいで全ての外国人禁止としたこが裁判になったこと。

    今後の報告待っています。

    • Shlomiの町長に賛同する人も多いというのが、苦しいところです。まさにユダヤ人による、非ユダヤ人への差別の一面のような気がするのですが・・・進展がありましたら、報告します。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中