樹木の新年 トゥ・ビ・シュバット

2007_02100025 (アーモンドの花)

今年のトゥ・ビ・シュバト(ט”ו בשבט)は2月9日、総選挙の前日になる。トゥ・ビ・シュバットは聖書との関連性はないが、ユダヤ人の祭日として16世紀の頃から、イスラエルの地との結びつきを、樹木とその実を得るという事からツファットで祝われるようになったようである。その後20世紀になって、学校行事としてイスラエルの地に植樹をするようになり、今に至っている。

この時季は、雨と太陽でイスラエルの大地が緑と花に包まれ、アーモンドの花も満開になる。そして子供たちはあちこちで植樹をして、イスラエルの地が緑豊かな土地となることを願う。ユダヤ人がこの地へ到着した当時は、岩肌ばかりの木がひとつもない荒廃していた大地であったイスラエルは、一本一本願いをこめて植えられ木々によって、今、多くの緑に囲まれる美しい国となった。環境問題が叫ばれる昨今、自然保護ともなるユダヤ人のトゥ・ビ・シュバットの伝統は、守り伝えていくべき素晴らしい行事であると思う。

また、トゥ・ビ・シュバットでは自然の恵みのナッツやドライフルーツを食べる習慣があり、普段は全く食さないのだが、この時だけは新鮮でおいしいドライフルーツが店頭に並ぶので、食べるようにしている。種類も多く、見るだけでもうれしい気分になるのだが、味も甘すぎずにそれぞれのフルーツの味を楽しむことが出来る。ちなみに、イスラエルに住んでいないユダヤ人にとっては、イスラエルの地から贈られてくるドライフルーツは、何よりもの喜びだそうである。

dryfruits-002 
(ナツメヤシ、パイナップル、スウィーティーの皮、いちじく、ココナッツ、ライチ、キュウイ)

 

トゥ・ビ・シュバットとは関係ないが、エルサレムのピーナッツ公園にある、日本の梅の木について偶然知ったので載せておきたい。日本もちょうどこのように満開なのだろか?

prunus_campanulata_180_g

  

にほんブ��グ村 海外生活ブ��グ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

樹木の新年 トゥ・ビ・シュバット」への4件のフィードバック

  1. 先月こちらにコメントさせていただいたk44です。
    帰国してからしばらく忙しくなってしまい、
    その後のご報告もできず申し訳ありません!
    いろいろお返事いただきありがとうございました。

    想像以上に色々なクリエイター達に会え、
    デザイン会社も訪問でき、本当に充実した滞在になりました。
    が、その影響でほとんどテルアビブ周辺に
    釘付けになってしまったので(1日だけエルサレム)
    次回はもっと色々なエリアに行きたいです。。

    エルサレムでは(旧市街と)ベツァレルという美大に行ったのですが
    途中で松の木が沢山あって、日本の庭みたいでした。。
    梅もあるんですね!
    うちの近くでは、今ちょうど白梅が三分咲きです。

    具体的にいつかは何とも言えないのですが
    たぶんまたそう遠く無いうちに行くことになるかと
    思いますので、どうぞよろしくお願いします。

    • k4さん、戦争中でのイスラエル滞在にもかかわらず、充実した時間を過ごされたようで心から安心しました。何よりも、イスラエルの人々とたくさん交流を持ってもらったことがうれしいです。k4さんの見た松の木は、全部が建国以来の植樹によるものでしょうね。「バシールとワルツを」を見たのですが、k4さんの言うとおりグラフィックが良くて、重い内容に効果的にマッチしていたように思います。アカデミーでは日本映画の「おくりびと」にも賞を取ってほしいですが、個人的には「バシールとワルツを」に一票ですね。
      k4さんがイスラエルに来られる日を楽しみにしています。今度は観光できるといいですね。

  2. あの松の木も植樹なんですね。
    泊まったところが住宅街だったのですが、
    (気候的に)想像よりもはるかに植栽豊かなのでおどろきました。

    アカデミーは発表が楽しみですね。
    日本では「シリアの花嫁」が2月から岩波ホールで正式に公開されるもようです。(数年前にイスラエル映画祭等で上映されたこともあったそうですが…)

    • 水の少ないイスラエルでは、芝生や植物を意地するために、灌漑整備が発達し、世界でも一番の技術を持っているとききました。私の旦那のおじいちゃんは建国前に移民してきて、仕事はハチをとることと、木を植えることだったそうです。90歳になった今でも、「ここから見渡す限りの木を、全部私達が植えたんだ」と、昔話を語ってくれます。「シリアの花嫁」については知らなかったので、チェックしておきます。アカデミー賞、どうなるでしょうね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中