イスラエルの冬

「戦場でワルツを」がフランスのオスカーであるセザール賞を受賞したというニュースが週末に入り、「アカデミー賞は逃したが、セザール賞を受賞した」、「セザール賞はアカデミー賞に勝るとも劣らない、素晴らしい名誉だ」と、非常に控えめに話題になっていました。

セザール賞よりも週末の話題になっていたのが、イスラエルにやっと訪れた冬でした。週末2日間降り続いた雨は、あられやカミナリや雪を伴って、イスラエル中にこの冬始まって依頼の本格的な雨量をもたらしました。

15_g

雨の降らない日々が続き、水不足が深刻になっている中、多いところで135mmも降った雨は、一気に各地の冬の平均雨量を70-80%まで上げる役割を果たしてくれました。ガリラヤ湖の水位も21cm上がりましたが、未だに満水時の赤ラインまでは5.13mもあり、夏の水不足が心配されています。建国以来60年間の間に人口は7倍に増え、もともと水に乏しい土地の上に、産業用水、生活用水の増加によって、ガリラヤ湖の水位は年々下降していました。死海にいたっても同様で、温暖化と産業用水の摂取で、このままでは死海も地図から消えてしまいます。海底トンネルを作ってトルコから水を輸入する計画も話されてはいるのですが、実現にはいたっていません。

eat05_g1

イスラエル各地で雪も降った、この冬初の冬型の気候で、冬らしい冬のないイスラエルには、少しばかり刺激的な週末でした。以前にも紹介したDana Peer (ダナ・ペール) の日本を紹介する記事で、日本の四季について説明されており、「日本人は自然と非常に結びつきが強く、それは四季がはっきりとしているためで、季節ごとの天候や風習などと人々の生活が密着しているからである。たとえば、三寒四温という言葉が日本にはあり、寒い日が3日、暖かい日が4日とだんだん春に近づいていくことを表現した素晴らしい描写である。」など、日本人と四季の関係をなかなかわかりやすく記事にしています。

確かに、イスラエル人もイスラエルに四季があるというけれど、日本人から見たら、夏と冬(春先)しかないように思えるし、季節を感じる風流もないように思えます。実際、レゲヴは年中半そでで生活しているし、季節を楽しむ食べ物や、風習も思い当たりません。しかし、雪の降るような寒さの次の日には、半そでで遊べるような陽気になっている、イスラエルならではの天候が、イスラエル人の大雑把さというのか、おおらかさを作るのだなと思わずにはいられません。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

イスラエルの冬」への2件のフィードバック

  1. セザール賞を受賞はしんみりでしたね。北部では雪が降ったんですね。Dana Peer (ダナ・ペール) さんの文章ってkeikoさんのBlogで読んだのかな?なんだか記憶にあるな。もしかしてKeikoさんのBlogからコピーしたのかな?

    Ynetでそんな特集やっていたんですね。「エチケット」はイスラエル人も両親がどこの国からやってきたかによっても大きく異なるかな~っと思ったり。(育った家庭環境なかな~っと思うが、やっぱり国が若い分まだそのへんのマナーというものが成り立っていないのかなって思う。トルコ人のほうがもっとマナーが良かったりしますよ(笑)。

    昔、ある方が言っていたんです。その方、北海道出身で仕事の都合で本州(関西)に引っ越し、奥さまが精神的になんだかまいってしまって、でもそれは実は季節というものが非常に関係していたと。体というのは不思議なもので長年育ってきた環境を覚えるようなんです、いつもはこの時期に雪が降るのに降らない、そんな些細なことであるかもしれないけど精神と繋がっていると思うと不思議です。

    私も今は北海道の冬はもう考えられませんが、雪が降っているから寒いと納得できても、雪が降っていないのに寒いのはどうもピンとこない。時々トルコに飛んで感じます、イスラエルって本当に乾燥してる、本当に緑が少ないって(テルアビブしかしりませんが)思います。

    元気ですか~~~?

    • 元気ですよ~。

      ダナ・ペールの記事は、人気あるんですよね。以前に他の人が日本滞在記をしていましたが、どんなことでも日本での生活の記事は、イスラエル人には面白いみたいですね。外国の人が日本の生活をどう感じているのか知ると、へーって思ってしまいます。

      天候と国民性、季節と感性・・・日本人は四季折々のビミョウなところまで感じる、本当に繊細な感性の国民だなって思います。イスラエルにいて何が足りないかというと、まさに日本人の持っている季節を愛でる風情や情緒なんですよね。でも、数年前に日本の夏に帰国したら、久々の湿度の高い暑さに私の体が対応できなくて、顔に湿疹がでてしまい、イスラエルに戻ったとたんに消えてしまいました。どうやら体の方は、すでにイスラエル対応になったようです。場所によっては北部も雪が降るんですが、ハニタは山の上の吹きさらしなので、雪が積もらないんです。雪のたっぷりと積もった景色が恋しいです。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中