デービスカップでのイスラエル抗議デモ

スウェーデン vs イスラエルの デービスカップ(テニス男子国別対抗戦)の試合が、ほとんど観客のいないコートで戦われました。

sto08_wa

開催地となったスウェーデンでは、試合をやめるようにとガザ紛争に対するイスラエルへの抗議デモや、会場前で座り込みの抗議などが行われたため、過激派などを警戒した警備体制となり、一般入場が制限され、警官の見守る中での試合となりました。いつものデービスカップでは、各国を応援する熱狂的な応援団の姿が見れるのが一つの楽しみでもあるのですが、随分と静かな試合風景でした。しかし、両国の選手たちが集中して試合をするためには、得策だったと思います。

先日も、テニスプレーヤーのShahar Peer がドバイでの試合に入国拒否され、試合に参加することが出来ないという一件があったばかりで、ガザ紛争はスポーツ精神にとっても影響を及ぼしています。サウジアラビアの言い分は、Shahar Peer の身の安全のために入国を拒否したとしていますが、その後、テニス連盟や選手たちから非難の声を浴びたため、男子の試合ではイスラエル選手の入国を許可し、二人のボディーガードつきとなりました。

また、バスケットボールのヨーロッパリーグでは、ガザ紛争中に試合会場となったトルコで、観客からイスラエル選手に非難の野次や物を投げつける、コートに入って試合を中断させるなどの嫌がらせがあり、まともに試合をすることが出来ませんでした。

スポーツと政治の分離はオリンピックでも言われることであり、スポーツ精神の理想としてはそうであるべきことです。選手たち一人一人は、政治とは関係なく各個人の能力の限界を目指して、日々厳しい練習を重ねて努力している人たちです。その努力を無駄にさせないためにも、政治問題をスポーツの場に持ち込むことは、あってはならないことだと思います。政治的意見があるならば、それにふさわしい場で非難をすればいいのです。試合前の選手や試合中に、嫌がらせをするような卑劣な行為ではなく、スポーツの好きな観客なら、スポーツマン精神にのっとって、正々堂々と応援するべきです。

世界中から嫌われているイスラエル人として、世界でスポーツするイスラエル選手の精神的重圧を思うと、がんばってほしいと思わずにはいられません。

(追記: 3対2でイスラエルが勝ちました。7月にロシアとの試合となります。)

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

デービスカップでのイスラエル抗議デモ」への4件のフィードバック

  1. これで3回目のコメント、名前とEアドレス記載忘れでSubmit押したら・・・。

    この記事は私も読みました。そんな中でも勝ちましたよね。スウェーデンって地球保護、老人介護などの面で最先端を行っていると日本では良いイメージしかありませんが、その裏を知らない人が多いと思います。

    ヨーロッパって移民、不法入国者、そうして失業。たぶんね反イスラエル抗議のメンバーのほとんどは貧困層だと思う、(誰かが、人数集めのために多少のお金を渡していると感じている、それをTVなんかでみて一般市民が便乗してしまう、日本でもあることです)

    嫌われれば嫌われるほど人って強くなるし、むきにもなる。先日ギディちゃんに「イスラエル人で嬉しい?」と聞いたのは、もちろん彼は誇りに思っているのを分かってるのを前提に聞きました。でも、もし自分がイスラエルで生まれ育ったユダヤ人だったら、このプレッシャーとどう向き合っているのか?へこむことも多々あるだろうと・・。

    ま~、PURIMUで発散しましょう!!

    • ははは、私もときどきやりますよ、何度もコメントしちゃうときが。

      本当にあの状況で勝てたのは奇跡ですよね。ニュースで見る限りは、外ではトンでもない騒ぎでしたからね。それにしても、スウェーデンであれほど過激な行動をとる若者がいるんですね、驚きでした。報道で言ってましたが、かつて、ボランティアの団体がスウェーデンから来ていたので、親イスラエルと思っているのは大きな間違いで、反ユダヤ主義の風潮が根強く残っているそうです。

      自分がイスラエル生まれのユダヤ人だったら・・・考えちゃいますね、ホント。

  2. スウェーデンに勝ちましたね!
    僕もテニスサイトでこの記事見ました。

    Dudi Selaはよく日本開催の
    国際トーナメントに来るので見た事あります。
    小柄な選手ですがものすごくタフなプレイで好きです。


    Peerもたしかほぼ毎年東京に来てますね。

    **

    スウェーデンは…デザインの分野では北欧のイメージと相まって
    日本でもまたさらにメジャーになってますよね。
    ただ社会的には福祉の裏返しで家庭崩壊、
    その影響で…といった話を聞くことも少なくないです。
    あの製品群からはなかなか想像しにくいことではありますが…

    • k4さんもテニス好きなのですね^^

      Dudi Sela はイスラエルで期待された選手だったのですが、怪我のせいで伸び悩んでしまいました。彼もスウェーデン戦での勝利では、泣いていましたよ。

      スウェーデンといえば、家具や自然などの最高に良いイメージしかないのですが、やはり光の裏には影があるのですね。何においても、全てよし、とはいかないのが、世の常ですね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中