村上春樹の文藝春秋インタビューを読んで

haruki-murakami-nir-barkat-shimon-peres-2009-2-15-14-34-9

文藝春秋に載せられた村上春樹氏の「僕はなぜエルサレムに行ったのか」を読みました。Ynet に書かれた記事では、村上氏がインタビューでイスラエルを批判しているという角度で書かれてありましたが、こうしてインタビュー記事の全文を読んでみると、どうして「村上春樹 イスラエルを酷評」となってしまうのか、不思議でなりません。

イスラエル情勢の知識が多少あり、初めてイスラエルに来た日本人が見て、感じた、率直な気持ちを述べているインタビューであって、私にとっては、特別なイスラエル批判をしているようには読み取れませんでした。イスラエルのパレスチナ政策への批判や、ガザ空爆への批判の気持ちは、世界的に見ても、またイスラエルが好きな私としても、当然の意見です。もし、村上春樹氏が親イスラエルのような発言をしていたなら、そちらのほうが、私にとっては作家・村上春樹としての人格を疑ってしまいます。

インタビュー記事が紹介されたYnet では、村上氏の言う、イスラエル政府のパレスチナの隔離政策への反対や、ガザ空爆への批判の一部分だけがクローズアップされており、イスラエルの人々と出会って感じた、人々の割り切れない思いや、作家としての自分の役割を感じていたことや、日本人へパレスチナ問題に関心を持ってもらうために重要であったことなどは、省かれていたことが残念です。

「壁と卵」・・・まさにイスラエルは体制やシステムと個人の感情と心が交差する、非常に複雑な国です。本を読んで、ニュースを聞いているだけでは、この国の抱えている真の闇を理解することは難しく、遠く蚊帳の外の安全地帯にいる日本人が、どれほど正論を並べようとも、それは空論でしかありません。それでも、日本人に大きな影響力をもつ作家として、発言するチャンスを最大限生かして、日本人の眼をイスラエルに向けた村上春樹氏の行動は、やはり、イスラエルにいる日本人として感謝したい気持ち以外の何物でもありません。

ある方のブログに村上氏が、「もらわなくても構わないエルサレム賞を受け、行かなくても構わないエルサレムに出向き、しなくても構わないスピーチをして、敢えて波風を立てなくても構わない授賞式でわざわざ政治的に突っ込んだ発言をした、これが今回の一連の彼の行動」と書かれてあり、まさにその通りだと思いました。

Ynet の記事でイスラエル外務省がコメントしているように、村上氏にはこれを機に今後もイスラエルに来てもらって、一般的な見識だけでなく、より深く本当のイスラエルを知ってもらい、それを作品に生かしてもらえたら・・・と、今回の一連の件で村上春樹ファンになった私は思うのです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

村上春樹の文藝春秋インタビューを読んで」への2件のフィードバック

  1. 「もらわなくても構わないエルサレム賞を受け、行かなくても構わないエルサレムに出向き、しなくても構わないスピーチをして、敢えて波風を立てなくても構わない授賞式でわざわざ政治的に突っ込んだ発言をした」

    確かに、これはHarukiファンの人には分かっている思う、それが日本人であっても日本人以外であっても。人はエルサレム賞とともに100マンというお金をもらっているくせに・・そんな100万ごとき彼にとっては大した金額じゃないだろうと。。

    時々新聞を読んでいて思うんです、どの国でもそうですがイスラエルも反イスラエル、反ユダヤが世界で広がっているという記事をわざとに強調することにより、国民にシオニスト(私の場合、開拓主義としたい)主義を植え付けているのかな?と想像したりします。

    あとはShalit問題ですね。これも国内色々な意見に分かれていますね。

    • 私もイスラエルのメディアのやり方をよく考えます。右派に国自体が傾きかけている今、国民感情を煽るのはたやすいことだなと・・・Shalit についての昨日の報道は、悲しい結果でしたね。彼の両親を見ていると、どうにかならないものなのか?と、ただただ、苦しくなるばかりです。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中