モーシェの晩餐 シャブオット編

 

Moshe03

まるで最後の晩餐のように長いテーブルとそのテーブルを彩る数え切れないほどの料理。これが、レゲヴの親族の集まる祭日シャブオットの風景。親族の一人モーシェの作る料理は、レストランも顔負けの一品で、今回も恒例のチーズ各種、ペースト各種、サラダ各種、ブレッカス各種、キッシュ各種、ケーキ各種を用意して、子供も含め35人のお腹を満腹にしてくれました。

shavot in moshe's garden

チーズの盛り合わせは、ベジタリアンにとって至福の味。この日ばかりは、好きなだけチーズをたべます。モーシェの作るクリームチーズは、くるみ・ブラックペッパー・かぼちゃの種、ゴマ味などがあり、最高においしい。

Moshe04  shavuot in Moshe's garden

これでもかと盛られたパンと野菜も、シャブオットを祝う大事な主役。収穫の喜びを、お腹いっぱい感じてきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

モーシェの晩餐 シャブオット編」への4件のフィードバック

  1. はい、Vistaすごい問題ありありですね。ちなみに日本番ですか?

    しかし、チーズすごいおいしそうだ!!!! 収穫祭はやっぱり北部いいですよね。街中じゃ絶対に味わえない楽しみがあります。いつかお邪魔しに行きますね!!!

    • Vista英語版です。Windows7に期待かな・・・田舎には田舎の楽しみって奴ですよ。田舎暮らしに慣れると、やめられません。是非、遊びに来てください。

  2. すごい!
    やはりこういった祭日は家族、親族が一同に集まるものなんですね。
    イスラエルも親類の絆が強そうですね。

    それにしても、御馳走だわ。
    イスラエルの料理は全般的に美味しいですか?

    ワタシは、フィリピン料理の味にまだなじめずにいるんですが・・・(笑)

    • ユダヤ人は非常に家族の絆を大切にしていると感じます。毎週の週末には家族が集まり、祭日には遠くからも親族がやってきます。
      イスラエルは野菜も新鮮でおいしくて、フムスやファラフェルといった中東料理もあり、私にはとても合っています。肉や魚は食べないですが、見ている限りではおいしそうですよ。こちらではタイ料理もよく作られるようになりましたが、フィリピン料理ってどんな料理なのか、とても興味がわきます。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中