理想と現実

毎週金曜日、シャバット(安息日)の夕方には、レゲヴの親族が91歳のおじいちゃん宅で団欒する風景が見られる。孫家族・ひ孫まで集まると、多い時には30人近い人が一つの部屋に座り、しゃべり、お茶を飲み、そのときどきの話題に会話が弾み、騒音にも近いにぎやかさになる。日本では、団欒の席での政治話しはご法度の気配があるが、イスラエルでは政治・戦争抜きの会話を聞いたことがないほど、人が集まれば議論が始まりだす。

先日は、オバマ大統領のハエ殺しの話題から発展して、ガザの話しになった。レゲヴの叔父さんが「ガザへの侵攻は、完全なるイスラエルの失策だ。民間人を500人以上殺して、いったい何が変わったのか?事態は一向に好転していないし、状況に何ら変わりはないではないか!」と言えば、レゲヴの叔母さんは「あれは必然だった。今こうして南部にロケットが飛んでこないじゃない。話し合いというけれど、ガザには話し合いをすべき相手はいないわ。ハマスは人間ではないもの」と声を荒げ、レゲヴの24歳の弟は「世界の歴史を見てみろよ、勝者の国がどういう戦争をしてきたか。皆殺しにしなければ、勝てないんだよ」と、語った。

レゲヴの家族たちは全員が左派であり、イツハク・ラビンの時代にはおばあちゃんと叔父さんを筆頭に、ラビン支援の要となって和平への運動をした人々だと聞いている。今でも、ラビンが暗殺された1995年11月4日のステッカーがおじいちゃんの家には貼ってある。そんな家族の中から、「ハマスは人間じゃない」「皆殺ししなければならない」などという言葉を聞くことは、非常に悲しいことであった。なおかつ、叔母さんは小学校の教師であり、子供たちを導く立場の人にも関わらずである。レゲヴの弟はちょうど多感な時を、ラビン暗殺、第2次インティファーダ、自爆テロの恐怖の中で成長し、兵役を終えた若者である。部屋の中で極右的な発言をする二人に対して、反論していたのは叔父さんだけで、他の人はただ言葉をなくしてしまっていた。それは、本気としては受け取りがたい発言なので聞き流すということでもあったが、これが、今のイスラエルで主流となりつつある意見であり、左派であったレゲヴの家族の中でさえも露見してきているということに、私は今後のイスラエルを考えられずにはいられなかった。

先日、ネタニヤフ首相が演説を行い、ネタニヤフの政治家人生で初めて2国家共存の用意があるということを正式に発表した。それがオバマ大統領からの圧力にたいして、決して2国家共存に賛成していなかったネタニヤフが譲歩できるギリギリのラインであり、入植地問題に対しては、はっきりとした発言を避けたにも関わらず、リーベルマン外相は「われらが土地に入植して何が悪い」と、クリントン国務長官にメンツを切ってしまった。そんな、わが道しか行かないリーベルマン外相が、本音しか言わない政治家としてウケがいいのも、皮肉なものである。

レゲヴの家族の小さな集団においても見る事ができるように、オスロー合意からの17年の間にイスラエルの国民の意識は大きく変わってきている。そして、民族と宗教の混沌であるイスラエルは、ますます複雑さを増してきている。日本にいた時に購入した、岩波新書 「イスラエル」臼杵 陽 著 は、現在のイスラエルの状況を、政党の移り変わりと、民族の移民、宗教党の発展、多文化主義とシオニズムによるイスラエルの抱えるジレンマなど、比較的わかりやすく、今までにない角度からイスラエル問題が捉えられていて面白い。イスラエルという国は、ホロコーストを語ることなくしては語れないと思っていたが、ホロコーストを経験したのは欧米系のアシュケナジーだけで、建国後に移民してきたアラブ諸国系(ミズラヒーム)や北アフリカ系(スファラディーム)の移民は、ホロコーストを経験していない民族たちであり、イスラエル建国によるアラブ諸国との戦争によって、移民せざるえなかった。という盲点を著書で再認識させられ、改めて、複雑な民族国家イスラエルの現状を考えさせられることになった。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

理想と現実」への15件のフィードバック

  1. 私も最近、建国時のアシュケナジーとスファラディ(mizrachi)との関係をネットで読んでいたんですよ。ベングリオンの発言とか・・・ あと、友達がイラクからの移民で、服飾関係の会社の社長の息子、父親が若かった時代の双方の話しも聞いたことがあります。それは今でもまだ地味に続いている部分は見えますよね。この本、私もちょっと日本の家族に頼んでみます。

    イスラエルの家族ってそうなんですよね、人が集まったら政治の話を普通にしている。2人で話していても私たち日本人って聞き上手だから、相手の話を聞きうなずきながら、自分の意見を言う、、って時間ないんですよねこの国民多数(3人であっても)と話すときは。それに双方が言っていることもまた、悲しいなって思う発言があっても理解できるでしょ。。。

    Keikoさんは、ユダヤ人の一人、一員だって私は思うよ。

    や~、しかしイラン。。すごいことになってしまいましたよね。

    • マナーとして団欒の席で政治や宗教の話しはやめてもらいたい、と常々思っているのですが、イスラエル人にマナーを求めるほうが無理みたいです。本当に議論が好きですもんね。喧嘩にならないのが不思議なくらい。
      双方の意見を理解できる立場にいながら、何も意見することが出来ない・・・ただ、言葉を失うばかりです。レゲヴの弟は兵役をしてからというもの、戦争論者になってしまいました。これも洗脳なのでしょうかね。毎年シャブオットが終わると、「夏に何かが起きる」って北部では言われるのですが、イランから飛び火しないことを祈って、報道見ていますよ。

  2. 本当にこの話題については、私なりの意見があっても当人ではないので、やっぱり発言は避けてしまいます。だって平和な国、日本で育って、ミサイルや毒ガスの危険にさらされたこともないし・・・。でも、学校の先生もが、そういう思想を持っているのは ちょっと危険ですね。私もウルパンの教材で「??これって問題では?」と言うものがありました。しかもクラスにアメリカ系のアラブ人も居たので、なんか微妙な雰囲気になったりしました。

    • やはり軽々しくは、口を挟めませんね。いつもこういう話題になると、貝になってしまいます。人種と宗教と戦争は、今の日本人の感覚では、考えられない世界ですものね。

  3. この手の話題は私に日本人には重過ぎます。先日私も会社で軍での体験談を皆が話していました。当然私は蚊帳の外。内容も凄い物でした。皆が多かれ少なかれ死を感じるような体験をしている事。そしてそれらによって強く絆が繋がれてる事。本気で国を守ってるからこそ熱い議論になるんでしょうね。僕らには口を挟むのがおこがましいようでなりません。自分の子供達のためにも
    平和になる事をねがいます。

    • 軍関係の話しになると、私は蚊帳の外どころか、宇宙の果てにいるような心地になります。さっぱりわかりません。世の中では青春といわれる時期を3年間も兵役するんですものね、それも実戦に近い状態で。この国にいると、本当に何が正常で、何が普通なのか、わからなくなってきます。愛国心って、美しいけど残酷です。

  4. >24歳の弟は「世界の歴史を見てみろよ、皆殺しにしなければ、勝てない」と、語った。
      ・・・この言葉、興味深いですね。
     しかし、これは明らかに勉強不足のためのひどい間違いですね。その24歳の弟は実は歴史なぞ学んでいないのでしょう。世界の歴史を学べば、土地に根付いた民族の力がいかに強いかを繰り返し確認せざるを得ない。

     (A)世界1の強国アメリカは結局ベトナムに勝てなかった。その24歳の弟は、だから皆殺しにしろといいたいらしいが、1つの国の国民を皆殺しにできたのは、はるかな昔の話で、近代以降それは不可能になった。理由は2つ、
    1:1国の国民の数が多く、皆殺しは大変難しい。
    2:国際法が非戦闘員の抹殺を禁止している。いまや国際関係なしに国家は成立しえず、もし皆殺しをすれば北朝鮮のような経済的に孤立した、前近代のような哀れな国家にならざるを得ない。

    =>従って、ちゃんと歴史を学べば結論はひとつしかない。「イスラエルはけしてパレスチナに勝利できない。イスラエル人はパレスチナ人(アラブ人)と土地を分け合うしかない」と。

    おそらくその家族が議論に熱心なのは、その結論が感覚的にはわかっていながら目先の現象では圧倒的に有利で、いかようにも対応ができるように錯覚しているからでしょうね。しかし歴史的にも実際的にも冷静に考えれば長期的にはイスラエルの敗北は決定的です。

    (B)もうひとつ、歴史を学んだ日本人なら言えるのは、武力による他国の支配という「力の論理」は、不幸しかもたらさない、という「経験」ですね。64年前日本は武力で他国を支配したがそれはとんでもない間違いだった。そのつけを日本人は手酷く支払わされた。

     戦争体験のある日本人なら、「どんなことがあっても戦争はいけないことだ」とはっきり言える。そういう日本人なら今イスラエルのしていることが、1930年頃の日本と同じだと直感的に言えるでしょう。すなわち武力併合して日本人とした朝鮮人を3等国民とさげすみ、武力で占領した中国人を「チャンコロ」と良心の呵責もなく殺す行為です。それは今のイスラエル国内のアラブ系イスラエル市民への扱いであり、ガザの人々へのイスラエル市民の言い方そのままですね。

    戦後の日本は批判すべき点もあるが、少なくともそうした間違いは再びは犯さなかった。それは国民がもうこりごりだと平和を支持したからでしょう。それは自国に多少の不利益があっても「ともかく戦争より平和だ」という強い意識のもたらした結果だったでしょう。
     残念だがイスラエル国民には決定的にそれが欠けている。あまりに偏った武力への信頼、孤立主義、国際法の無視、将来展望のなさなど、彼らは1930年頃の日本人と差がないように見える。その行く末が不幸なものでしかない事は日本人には明らかなことだ。

    ここのサイトの方は、そうした日本の歴史を、イスラエルの方と一緒に話しあってみたらいいのではありませんか?

  5. keikoさん、シャナ・トヴァ。

    naokoraさんへのコメントを書かせてください。

    naokoraさん、はじめまして。エルサレム在住、イスラエルに住んで17年になります、Sarah(ユダヤ名)と申します。

    1:
    まず第一に、弟さんの「世界の歴史を見てみろよ、皆殺しにしなければ、勝てない」ということばは、
    「世界の(世界でのユダヤを取り巻く)歴史を見てみろよ。(ホロコーストのように)(ユダヤ人という劣等人種が優秀人種アーリア人社会に害を及ぼすので)皆殺し(をすべきだと試みたナチス)のようににしなければ、(ユダヤ民族に)勝てない(ユダヤは人種ではないので、ナチスの試みは、愚かで罪深い試みに終わった。”勝った”はその両極の意味の勝利であり、現実に勝利を得たのはユダヤ民族です)」とわたしは理解します。

    2:
    >その24歳の弟は実は歴史なぞ学んでいないのでしょう。
    >歴史を学んだ日本人なら言えるのは、
    >ちゃんと歴史を学べば結論はひとつしかない。

    歴史に関して、概まかに見ても客観的な理解と主観的な理解があり、一概に「歴史なぞ学んでいないのでしょう」という斬り方は短絡的すぎるように思います。
    (現実として、イスラエルの若者たちは身と心で支払いながら歴史を体験しているので、日本で批判や理想だけを述べ立てる方達よりもはるかに”歴史を学んで”います。)

    科学的証明による実証の重なりである、つまり客観的に伝え得るものであるという歴史観もあります。
    また、歴史とは、主観の語り継ぎ・人々の実際の信心信念の語り継ぎだとするエトス的歴史観もあります。

    歴史から客観的に学べても、歴史自体を学ぶのは主観のものであるとおもいます。イランのアフメディネジャード氏が「ホロコーストは無かった、シオニストの作り話だ」と主張されるのがその象徴だと思います。

    3:
    >土地に根付いた民族の力がいかに強いかを繰り返し確認せざるを得ない。

    アメリカとイスラエル(ユダヤ)、ベトナムとパレスチナ・アラブという構造は、ユダヤ・アラブの場合当てはまりません。
    イギリス・スペイン・オランダ・フランスなどがアフリカ・アジアで展開した植民地主義、アメリカの介入戦争、とイスラエルの建国は本質が異なります。
    パレスチナ・ユダヤとパレスチナ・アラブの両民族に国家建設の機会を与えたのは、当時の国際法的に統治者であった英国と国連です。
    その機会に周辺アラブ諸国総掛かりでユダヤ追放戦争を起こした末、3年前のIDF(Israel Defense Forces)のガザ撤退以降も、依然ユダヤを追放しつくすまで闘うとするのはパレスチナ・アラブ側の現ハマス政権。パレスチナ・アラブ人民の真の解放・自由を妨げている現在の当事者はハマスであると言ってよいと思います。

    イスラエルが、パレスチナ・アラブの人々にユダヤの価値観を強要するということは、過去も現在も皆無です。大国が現地・現住民族を虐げて力(支配力)で抑えようとした構図ではユダヤ・アラブの関係は理解できません。建国当初にパレスチナ・アラブが自国の建設に踏み切らなかったことが原因で戦争・IDFの防衛は続いていましたが、IDFがガザ撤退し、パレスチナ・アラブの国家を建設するような話し合いが在る中、ハマスは現実的な解決策へ向かうべきであり、イラン・シリアの指導による傀儡政権で在り続けるのは、ただただ人民の苦しみを増すだけです。

  6. 4:
    >しかし歴史的にも実際的にも冷静に考えれば長期的にはイスラエルの敗北は決定的です。

    naokoraさん、イスラエルは、
    ***パレスチナ・アラブを撃退・消滅しようと闘っているのではなく、
    ***このパレスチナ(ローマ皇帝がユダヤ名から改めたシリア・パレスチナという名。土地名です。ユダヤで言うカナンの地。建国後パレスチナ/カナンの地に住むユダヤ人はパレスチナ・ユダヤ、パレスチナ/カナンの地に住むアラブ人はパレスチナ・アラブと呼ばれていました)にユダヤ民族の国家を建国し存続させるために闘っています。

    日本が自国を守るのと同じ自国防衛です。国際法的にも正当な経過を辿っていますので、”歴史的にも実際的にも冷静に考えれば長期的に” 勝利です。

    パレスチナ・アラブ人民、イスラエル国民であるアラブ人の人たち、この地パレスチナ/カナンの地で生きるユダヤ人のみならず、アラブ人の人たちも体験していることです。現実として、パレスチナ・アラブの国が建国されたとしてもアラブ国家に住むのでなく、ユダヤ民族国家としてのイスラエルに住むことをアラブ・イスラエルの人たちは望んでいます。
    今後アラブ人民の生活をよくしていくためには、ユダヤとアラブの人民たちが共に改善していくべきことで、イラン・シリアの傀儡政権ハマスの非現実的な闘争政策では未来はありません。

    5:
    >国際法の無視

    国連安保理事会決議の1701の無視ということですか? 国連安保理事会決議の法的拘束力は、各国の主権(防衛の権利)保障を前提とされたものであり、イスラエルはその範囲で行動しており、無視はしていません。

    また、現在のイスラエル・IDFを批評する際,イスラエルを批評すると同時にハマスの批評もなさらないと国際法上の話し合いになりません。naokoraさんも、イスラエルをここまで批評されるのでしたら、広く掘り下げた勉強・分析と公言をしてください。

    6:
    日本国憲法はGHQが9日で草稿した憲法です。戦前(おっしゃる1930年頃の日本)と、戦時中の権力主義・国粋主義(日本民族はアジアの他の民族にはない優秀な民族/人種という定義)の近代の流れでのアイデンティティーと共に、日本本来のアイデンティティー自体も抑える、という意味では’優れた’憲法になっています。
    しかし、それで「この世界に誇るべき日本国憲法、特に9条を守ろう!」ということで、’満足’するお気軽さが、外に出た今では日本の精弱さを見る思いで不安になります。
    防衛をできない国、自国を守れない国、になり、日米安保条約のまま憲法自体は変えず(憲法的価値をアメリカに売っている。経済でもアメリカの不良国債を抱え込んで、未だにアメリカの経済政策の失態の直接影響を受け続ける)、アメリカの極東基地になりアメリカのベトナム、コリア、イラクでの戦争には極東基地日本が実質参加・援助してきている。

    日本の平和主義pachifism の名目主義・内実の弱さも検討してみるべきだと思います。

  7. Sarahさんへ。
    あなたは勉強し直したほうがいい。面白いので勉強の手助けをしてあげよう。

    2:>歴史に関して、客観的な理解と主観的な理解があり
    あなたは歴史学を学んだことも、一般的な歴史書も読んだこともないでしょう。その言い方は日本で最近はやった、日本は侵略をしなかったと昔の話を言い出した歴史修正主義者そのものの見方ですね。日本の歴史学者(例えば林博文氏)で歴史に主観と客観があるから云々なんて正面から言う人はいません。今でも実証主義が基本です。

    >イランのアフメディネジャード氏が「ホロコーストは無かった、シオニストの作り話だ」と主張されるのがその象徴
    あなたは勉強が足りないね。アフメディネジャドは欧米との対立を際立たせるという政治的意図でそれを発言しているのであって、けして歴史の問題ではない。彼はアメリカで一般人と討論会を行ったときも実際にはそれを強く主張はしていません。中東専門家の臼杵陽氏もそう分析していますよ。

    3:>イスラエルとパレスチナの場合当てはまりません。
    何かぐちゃぐちゃ書いてるようだが「土地に根付いた民族の力が強い」事がなぜパレスチナでは当てはまらないか、あなたの文章ではわかりません。要はあなたがそう思いたいからそう書くだけでしょう。
    私が書いたのは「過去の歴史を見れば明らかだ」という事、それをこの先パレスチナ人(アラブ人)が証明するでしょう。何年かけてもです。

    4:>(イスラエルのしてるのは)日本が自国を守るのと同じ自国防衛
    まったく違う、なぜならイスラエルのやっている事に正当性はないからです。今でも国連加盟の国が主要国の影響を度外視して単純に多数決をとれば、国連が与えたイスラエル建国の承認は取り消されるでしょう。なぜならそれが不当なものだからです。正当とは世界の価値観である「民族自決」=その土地に住んでいる者(今もパレスチナ人が多数を占める)が決める、という事です。

    私が書いたのはそうした国際社会の共有する価値観にイスラエルも結局は従わざるを得ないという事です。そして表面的には今もそうしている、例えばイスラエルの考える勝手な理由を盾にして、パレスチナ人はみんな殺してもよいとか、難民の帰還は拒否できる、とはイスラエルは言わない。イスラエルも常に国際社会の価値観に添った形で説明していますね(その為いつもこじつけの理由になっているようですね)。
    ・・・だからイスラエルはけして勝利できない、そういう事です。

    5:>(国際法の無視とは)国連安保理事会決議の1701の無視ということですか?
    違います、ガザでの民間人虐殺の事です。この件では最近国連がイスラエルの戦争犯罪を認定していましたね。今やイスラエルはなんの抵抗もしないパレスチナ人を殺さねばならない段階にきている。それ程イスラエルの価値観と国際社会の価値観をはずれており、イスラエルはいつかそのツケを払うことになるという事です。

    6:>日本国憲法は-防衛をできない国、自国を守れない国
    武力だけが国を守るというのは間違いです。紛争解決に関する国際政治学を勉強しなさい。日本語で読むなら
     ◇国際紛争:理論と歴史 ジョセフ・S.ナイ・ジュニア 有斐閣 2007
     ◇平和政策 / 藤原帰一他 — 有斐閣, 2006
    がよいでしょう。ナイ氏はアメリカ政府の中枢で実務を経験した学者、藤原帰一氏は日本での権威です。
     武力を絶対視するのは19世紀までの原始的な観念であり素人のよく陥る間違いです。彼らの結論は、武力は必要かもしれない、しかしそれ以上に経済力その他の国際関係での影響力が重要であり、それは外交という事です。外交が紛争を解決し国を守る上で大事だというのが結論です。

    イスラエルは確かに武力でパレスチナを勝手に抑えている、しかし国際社会はそれを認めない、認めさせるには外交をせねばならない。そういう事です。

  8. >「面白いので勉強の手助けをしてあげよう。」

    naokoraさん、折角の機会ですので、勉強しあいましょうよ。
    keikoさんのブログの場をお借りして長々とした対話をするよりも、直接話し合いましょう。

    Sarah.Jerusalem.Shalom@gmail.com

    お待ちしております。
    本名や自己紹介も交えて、成熟した対話がしてみたいです。
    こちらに書かれたご意見に関する私の意見を書いておきますので、是非ご連絡ください。

    簡単にわたしの印象を書いておきます。

    naokoraさん、あなたの歴史の理解はここのところの近現代での視点しかなく、特にパレスチナ地域・ユダヤ教からキリスト教、イスラム教と生まれて行った宗教史、またこの地のヘブライの地盤へのローマ帝国・ギリシア・ヘレニズム文化の影響が歴史の分岐点を作っていった背景など、中東西欧問題に不可欠な知識が足りないようです。
    充分お持ちですか? 少なくとも必要な概念の数々はnaokoraさんのご意見には出ていないというのがわたしの印象です。

    又、申し上げたように、イスラエル批評とハマス批評を併せて行かなければ、ただの「あなたは歴史を学んでいませんね」の未熟な会話のままで進歩がありません。
    国際法的な話し合いの必要を求めていらっしゃるし、この機会にこちらの勉強をされるべきだとおもいます。

    >「 違います、ガザでの民間人虐殺の事です。この件では最近国連がイスラエルの戦争犯罪を認定していましたね。」

    Goldstone Reportsのことですね。
    イスラエル・IDFへの調査要求がされていますし、なされて行くべきだと思います。

    Goldstone Reports での調査員たちが、ハマスの行為は問題外にパレスチナ・アラブ人民の”民間人虐殺”(民間人を盾にしている)の実態のひどさを明らかにするためにも、イスラエル・IDFの行動を要求しているのだということをご存知ですか?

    >「 武力だけが国を守るというのは間違いです。紛争解決に関する国際政治学を勉強しなさい。」

    私、武力だけが国を守ると申しましたか? 憲法・公共政策、経済政策の例を出してご説明したでしょう。

    naokoraさん、国際政治学は、表面に出る紛争の平和解決政策だけでなく、各国各民族の国家学、憲法、法律学、政治思想、宗教史、社会学等々を含んだ総体的な学問であり、かつ各地の歴史文化精神に深く通じていなければ理解できません。

    わたしもこの仕事に従事していますし、武力だけで国を守るなどとは毛頭考えておりませんし申し上げておりません。

    ご連絡、お待ちしております。

  9. naokoraさん、私のブログの趣旨は、環境も民族も文化も日本とは全く違うイスラエルの生活の紹介と、戦争だけではないイスラエルを、少しでも日本人に知ってもらいたい、ということです。そして、この先どうやってパレスチナとイスラエルが共存していくことができるか、という前向きな希望をこめています。この土地で土地の人々と一緒に生活しているからこそ、希望を持ちたいのです。その趣旨をわかっていただいた上で、今後コメントいただければ幸いです。

    sarahさん、いつもコメントありがとうございます。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中