イスラエルの野菜と果物

%20_1_~1

ベジタリアンの私にとって、色とりどりの野菜を毎日たっぷりと食べられるイスラエルは、パラダイスのような所。ユダヤ人が移住してから独自に開発してきた灌漑設備で、イスラエルでは豊富に野菜と果物が栽培され、ヨーロッパ、日本へ多く輸出されている。先日見たTVでは、東欧に旅行へ行ったイスラエル人家族が、ホテルの朝食にトマトがないことに憤慨していたほど、イスラエル人の毎日の食卓にトマト・きゅうりは欠かせないものとなっているようだ。

私の住む場所から近い町Naharriya(ハナリヤ)には、安くて新鮮な野菜と果物を売るアラブ人経営の市場 Shuk Faisal HaGadol (シュック・ファイサル・ハガドール)がある。一度ここに足を踏み入れると、よそのスーパーでは買い物が出来なくなるほど、安くて、そしてウマイ野菜と果物が手に入る。よく商売人らしき人たちの姿もみかけるので、レストランなどの経営者もここで買っているのだろう。問題は、いつも買い物客で込んでいて、暑くて、とにかくレジで並ぶということ。それでも、安さとウマさを求めて、多くの人がシュック・ファイサルを目指す。(週始めは比較的空いている)

今週は、久々にファイサルで大量の新鮮な野菜を購入したので、ウキウキ気分で料理にも張り合いが入った。今年は冷夏のために日本では野菜が高いと聞くので、レシートを見ながら、いったい日本ではいくらしているのだろうと、考えてしまう。ちなみに以下は、購入した野菜の1kgの値段

トマト 3.99シェケル(100円)、きゅうり 3.5シェケル(87円)、ナス 2.99シェケル(75円)、ピーマン 4.9シェケル(122円)、赤ピーマン 7.9シェケル(197円)、ズッキーニ 3.99シェケル(100円)、玉ねぎ 1.8シェケル(45円)、にんじん 2.99シェケル(75円)、アボカド 6.9シェケル(172円)、キャベツ 2.99シェケル(75円)・・・

シュック・ファイサルで、山盛りに盛られた土だらけの不格好なきゅうりを取りながら、スーパーに一本一本美しく並べられて売っている日本のきゅうりを思い出した。確か、きゅうり一本100円だったように記憶しているのだが・・・

皆さん、イスラエルへ来たら、たっぷりと野菜と果物を食べることをオススメします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

イスラエルの野菜と果物」への2件のフィードバック

  1. おひさしぶりです!
    やっぱりむちゃくちゃ野菜安いですね。うらやましい…
    今度はイスラエルで食品買って料理してみたいです ^^;

    野菜の値段、うちの近く(東京・神奈川のはざま)だと
    だいたいこんな感じです。
    トマトが気軽に使えません。。

    トマト 250gぐらいのが1個 100円
    きゅうり 3本で100〜150円
    キャベツ 1玉158円
    タマネギ 中3個で150〜200円
    アボガド(メキシコ産)小さめ、1個100円

    この夏、日本は日照不足で、特にタマネギは高いようです。

    • k44さん、お久しぶりです^^
      今日も日本のニュース記事で、野菜の高騰が話題になっていましたよ。高いですね~。
      イスラエルの野菜には、昔ながらの土だけで作る野菜も売っていて、アラビア語の「Biladi (ビラディ)」と呼ばれています。ビラディのトマトやきゅうりは、不格好で土だらけですが、本当に味が濃厚でおいしくて、アラブ人の家族が、畑ですべて手作業で作っている野菜なので、道端でバケツに入って売っていたりするんですよ。本当の野菜の味を実感しますね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中