レナード・コーエン in イスラエル

Leonard Cohen

本日(9/24)テルアビブでレナード・コーエン(Leonard Cohen)のコンサートが行われる。先日、スペイン公演で倒れたと聞いて心配していたが、 体調は万全で公演にも差し支えないということで安心した。75歳でも精力的に世界中を回ってコンサートをしている彼の姿には感服してしまう。

もともと音楽には疎いので、レナード・コーエンの存在を知ったのは、イスラエルに来てから。彼がユダヤ人ということもあるが、イスラエルでは絶大な人気をもっている。初めて彼の歌を聞いた時、渋くて太い、物悲しげな声にすぐに魅了されてしまった。詩人・小説家・ミュージシャン・はたまた禅の和尚でもあるレナード・コーエンの魅力は、ボブ・ディランの魅力と同じく、老いてもなお尽きず、益々いぶし銀に磨きをかけて、輝いて見える。

イスラエルは先日、新年を向かえたばかり。そして、贖罪の日(ヨム・キプール)を目前にして、レナード・コーエンの歌声がイスラエルで響くというのも、なかなか乙な演出だ。コーエンのコンサートがイスラエルで催されるのも、きっと今回が最後になるだろう。コンサートへは行かないが、彼の音楽を聞いて静かに贖罪の日を迎えたいと思う。

 

Leonard Cohen – Hallelujah (動画)
http://www.youtube.com/watch?v=ttv5dyvtF4o

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中