光の祭日ハヌカ

日本でほんの少しばかりクリスマス気分を味い、クリスマスとは良いものだ、とイエスのご当地イスラエルにいて思うこのごろ。キリスト教徒にクリスマスがあるように、ユダヤ教徒にはハヌカがある。

ユダヤ最大の奇跡の物語を祝うハヌカは、光の祭日といわれるように、毎日一本ずつろうそくに火をともしていく。そして、油の奇跡にちなんで、油を使った料理が多く作られ、中でも丸く大きなドーナツを食べることが、一つの楽しみとなっている。

先日、シモン・ペレス大統領がYouTubeでサイトを立ち上げ、「Happy Hanukkah」のメッセージを世界に発信した。今後もペレス大統領のサイトは注目していこうと思う。

ハヌカの始まりと同時に、日本滞在記(Regev in Japan 2009)もアップすることができ、ようやく私の日本ボケも終了といった感じだ。そして、ハヌカにちなんでキブツの老人たちに、日本の祭日と文化について、何か話をしてほしい、と頼まれた。

さて、老人たちが日本の祭日の、どんなことに興味をもってくれるのだろうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中