イスラエルのワイン-Tabor

知り合いが持参したワインがおいしかったので、Tabor山の麓にあるTabor ワイナリーまで行って来た。私は赤よりも白が好きで、赤なら渋くない奴・・・程度のことしかわからないので、赤・白といくつかのワインを試飲した後に、どれが良かったと聞かれても困ってしまうが、微妙に違う味・・・たとえば、味が薄いとか、濃いとか、渋いとか、フルーティーとか、そんなことをレゲヴに伝えて、レゲヴに任せて購入したワインが、Tabor Adama シリーズの「Cabernet Sauvignon Terra Rosa Soil 2007」。

Adama とは、石灰岩の風化によって出来た鉄分を多く含む土壌のことで、その土で育ったぶどうを使っているTabor Adama は、味に鉄っぽさがあり、私的には鋭い味に感じるけれど、重厚でとても美味。ちなみに、ワイナリーでは3本で184シェケル (4500円)と白ワイン1本おまけでしたが、あるスーパーで同じワインが1本50シェケル(1200円)で売っているので、割安感はないけれど、たくさん試飲が出来て、良い気分ならそれでOKかな。

イスラエルにも大小さまざまなワイナリーがあり、高級感漂うブティック・ワインも多く、世界的にも評判が良いという。 (Chateau Golan-タマレ参照)。日本では「ゴランハイツワイナリーのヤルデン」が主に売られているけれど、他のワイナリーも積極的に日本へ向けて販売促進していると聞いたので、近い将来多くのイスラエル・ワインを日本で楽しめる日も来るかも知れない。

そしてちょうど先日、ネットに銘柄のわからないワインを試飲して、どのワインが一番良かったかというランキングが出ていた。
1位はGolan Heights  の「YARDEN Cabernet Sauvignon 2006
2位はBINYAMINA の「Diamond 2007
3位はGalil の「Yiron

やはりYARDEN はおいしいのです。王道なのですよ。それでも、レゲヴと私は、まだ味わったことのないイスラエル・ワインを求めて、これからも素人ワイン談義を続けて行きたいと思う所存なのであります。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中