235円のDVD

アラブ人の住む環境にいると、本当に彼らは商魂逞しいと思わずにはいられません。イスラエルにはシュックと呼ばれる青空市がよく開かれていて、そこには衣食住すべてのものが激安で売られています。私はこういう場所が苦手なのでめったに行くことはありませんが、昨日はいつものスーパーの隣に臨時でシュックが開かれており、平日で人も少なめだったので、少し覗いてみることにしました。

新鮮なアラブの野菜を期待したのですが、臨時ということもあってか、ほぼ衣服と日用雑貨しか売っておらず、ブラブラと見て回っていると、平板の上にコピーDVDが並べられています。

「どう?全部新作だよ、映画館で公開中の作品ばかりだよ。」と、アラブ人。

確かに、そこに並べられているDVDは、すべて現在公開中の作品ばかり。見たければ映画館で見るからいいよ、と一度は通りすぎたものの、いったいいくらで売っているのか興味が沸いてきて、いくらか聞いてみると、

「一枚10シェケル(235円)」とアラブ人。
「でも、映画館で隠し撮りとかした奴じゃないの?」と聞くと、
「違う違う、全部俺がやっているから、保障するよ。これなんて出来立てのホヤホヤ」と、ジャン・レノの「22 Bullets」 を誇らしげに見せるアラブ人。

結局、熱心に「これは見たか?これはどうだ?これは面白いぞ!」とススメるアラブ人が面白いので、2枚購入してしまいました。こういうアラブ人とのやり取りがシュックの醍醐味と言うのでしょうか。そして購入した後に、値引き交渉しなかったことを思い出しましたが、慣れないことはするものではないので、良しとしました。

さて、このコピーDVDですが、問題なくDVDとして再生できます、なおかつヘブライ語の字幕付きです。その気になれば、自分で出来てしまうのですが、やはり、見たいと思う映画は映画館で見たいし、好きな映画はきちんとDVDを買って貢献したいと思うので、今回が最初で最後のコピーDVDの購入となるでしょう。

ちなみに、まだ見ていませんが、最後まで問題なく再生してくれることを祈りながら、見たいと思います・・・これもシュックの醍醐味?

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

235円のDVD」への2件のフィードバック

  1. そういう所でお買い物、慣れればお喋りしながら値引き交渉で楽しいだろうな〜!
    関西人のおばちゃんなら、思い切り楽しみそう。
    それにしても、ロードショーでやってる映画のDVDが海賊版とは言え、その値段驚き!!!
    最後まで見られるといいね。

    イスラエルのワイン、飲んでみたいな〜。
    イスラエルのkeikoちゃんの思いを馳せながら…

    • 値引き交渉って苦手なんです。なので、値段がついていると安心します。実は、それほど興味のない映画なので、このまま見ないでお蔵入りの可能性が高いですよ。イスラエルのワインは結構おいしいので、妻さんにもおススメです。機会があったら飲んでみてくださいね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中