フクロウの子

Twitter にはすでに書き込んでいたのですが、先週末にフクロウの子を保護してしまいました。

シャヴァットに入る夕方、レゲヴとキブツを歩いていたところ、目の端に何か動くものが入り、猫のしっぽにしては何か変だな・・・とジッと見ていると、それはフクロウの子が羽を広げてバタバタとしている姿でした。「あー、フクロウ!」と、私もレゲヴもびっくりです。そして3歩ほど近づくと、少し離れた木の上から、親フクロウが声をだして心配する姿を確認したので、どうするべきか悩んだ結果、とりあえずこのままの状態にして、数時間後にまた確認しよう、ということにしました。というのも、もしかしたら、自力で巣に戻るかも知れないし、親フクロウがどうにかするかも知れないし、ド素人としては、判断に迷ったためです。

それから2時間たち、どうなったか調べたところ、フクロウの子は同じ場所の茂みの影に、ひっそりと動かずにいたのです。その辺りは放し飼いの犬も野良猫もたくさんいるところなので、このまま放置しておくわけにはいきません。そこで、急いでイスラエルにある動物保護の団体に電話をしましたが、週末のためつながらず、何とか伝の伝を頼って、動物に詳しい人を紹介してもらい、運よく話をすることができ、その人の指示通りフクロウの子を保護することになったのです。

彼の指示は、そのまま放置しておけば確実に死ぬので、巣の場所がわかるなら巣に戻すか、もしくはタオルなどで直接触らないように保護して箱に入れ、翌日彼の働いている動物公園に来なさい、ということでした。巣がどこにあるのかわかるなら、巣に返してあげたいのは山々でしたが、暗闇の中、近くの木の上で心配している親フクロウに申し訳ないとおもいながら、私達は指示されたとおりにフクロウの子を保護したのでした。

フクロウの子は騒ぐことも鳴くこともせず、一晩箱の中で静に過ごしました。朝になって死んでいたらどうしよう・・・と心配になって、そっと箱を開けたときのフクロウの子がこれです。

私が箱をそっと開けたとき、くちばしをカツカツカツと小さく鳴らして、大きな目でジッと私を見つめてくれました。それが、なんとかわいかったことか。良く見ると、糞もしているし、怪我をしている様子もないので安心して、指示してくれた彼のいる動物公園に行き、引き渡して来ました。

  

保護したフクロウの子はヘブライ語で Lilit(Strix)という種類のフクロウで、まだ小さく飛べないので、あのまま放置しておけば確実に死んでいたであろうということです。こうして保護されたフクロウは、自然保護機構に送って、他のフクロウの子たちと共に飼育され、自然に帰されると説明してくれたので、私達もホッとしてフクロウの子を託すことが出来ました。

一晩のドタバタ劇でしたが、こうして巣から落ちたフクロウの子を見つけるなんて、そうそうできることではありません。自然の状態なら、この子は自然の法則にしたがって死んでいたのかも知れませんが、私たちが見つけたこともまた自然の法則の一つだと思い、このフクロウの子が元気に育ち、自然に帰る日を夢みていようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

フクロウの子」への10件のフィードバック

    • ザックリ落ちていたりするほどの山暮らしと思ってください。先日は、鷹の子が落ちていて保護されたそうです。写真で見たら、それも超かわいかったですよ^^

  1. きゃ~!かわいい!!私、フクロウ大好きなんです。成鳥でも十分かわいいのに、こんなベイビーを見てしまったら、あまりのかわいさに失神しそう。

    keikoさんとレゲヴさんに発見してもらえてラッキーでしたね、この子。フクロウは幸せを運んで来ると言いますから、お二人のもとにも何か良いことが訪れるのではないでしょうか。

    • 何気に私もフクロウ好きだと自覚してしまいました。もうね、文句なくかわいかったですよ。
      Yukiさんに「フクロウが運を運んで来る」なんていわれたら、今、ちょっと興奮しすぎて失神してしまいそうです。期待しちゃおうかな・・・

  2. えぇぇぇぇぇ〜〜〜!!!
    道ばた(?)にフクロウの子がいたら、それは気になって気になって気になるよね。
    飛べないから巣にも戻れないし、親フクロウもどうしようもできないし。
    あぁ、keikoちゃんに見つけてもらってよかった〜〜〜!
    なんてつぶらな瞳♡
    このまま家に置いておきたいくらい。

    うちは以前、巣から落ちたムクドリの子をできるだけ巣に近い所に箱(夫の古いサーマルアンダーウェアを入れて)を置いて、親鳥がエサをあげれば…という状態にしたけど、翌朝には死んじゃってた…

    keikoちゃん、ヘブライ語で考える方が楽ってすごいわ〜〜〜!

    • 手放した後でしたが、もしかしたら飼えたかもしれない・・・と思ってネットで調べてみたら、生きのよい生肉をやらなくてはならないとあり、速攻で専門科に託したことに安堵しました。ベジタリアンには所詮無理な話でした。
      最近、漢字が書けなくなって日本語辞書が手放せませんT_T

  3. かわいいふくろうのこども!生まれて初めて写真で拝見しました。本当に命が助かってよかった。
    やっぱり直接手でさわってはいけないんですね。ふくろうって ヘブライ語でなんというのでしょうか?
    遅まきながらお誕生日と結婚記念日おめでとうございます!!!
    絵手紙のふくろうなどはいかがでしょうか。Keikoさんの描かれる動物はかわいくて繊細なのかな、それとも大胆なのでしょうか。。。想像しただけでゆかいなきもちになります。。。

    • 私も始めてでした。本当にいい子で、手放した後に残念な気持ちになりましたが、専門科に育ててもらえばきっと自然に帰ることができるでしょう。ヘブライ語でフクロウは「Yanshof-ינשוף」といいます。

      ありがとうございます。生き物を描くことはほとんどないのですが、この子は描いてみようかな^^

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中