捕虜解放への大行進

     

4年間ハマスの捕虜となっている Gilad Shalit 解放のための大行進が始まって一週間がたつ。6月27日に北部の Shalit家から出発し、エルサレムへ向けて毎日歩き続けるGilad の家族は、今朝イスラエルの中心都市テルアビブに向けて出発した。夏休みが始まったこともあり、参加者は日に日に増え続け、12000人の大行進となっているという。テルアビブに到着する頃にはさらに増えていることだろう。

この行進を出発の時からTVで見続けているが、Gilad の両親 Noam と Abiba の気持ちを思うと、言葉がなくなってしまう。Gilad が捕虜となってからの4年間、父のNoam Shalit がどれほど息子の解放のために尽力してきたか、イスラエルにいる者であれば誰もが知っていることである。それでも、テロリストを含む1000人のパレスチナ捕虜の解放を要求するハマスと、一兵士のために国家の安全を天秤にかけることが出来ないイスラエル政府との交渉は、進展することはなかった。

もちろん交渉相手はハマスなのだが、Gilad解放のための障害になっているのは、何よりもイスラエル国民なのではないかと思えるのだ。ハマスの要求するとおりにテロリストを解放したら、再びテロによって 多くの人命が奪われるかも知れない、それだけの代償を一兵士を解放することによって払うべきではない・・・という世論が一般的だからだ。Gilad は戻ってきてほしいと誰もが考える、しかし、真相は「国家のために犠牲になれ」と言っているようなものだ。それを、父のNoam もヒシヒシと感じていたことだと思う。そしてそれは、Noam の口からは決して言ってはいけないことであり、胸にしまい、口を閉ざして、耐えて今まで解放活動をしてきたはずだ。

今回の大行進はマスメディアのための宣伝だと批判する者もあり、また無駄な努力という見方もある。正直、この大行進が劇的な展開を引き起こすことは難しいだろう。それゆえに、毎日猛暑の中、行進を続けるGilad の家族の姿を見ると切なくなり、そして、行進に参加する多くの人々の姿を見て、この大行進が政治をも動かす力になることを祈る気持ちになってしまう。

また、捕虜の解放を待っているのはイスラエルだけではなく、大行進が成果をもたらすことを期待しているのは、パレスチナ捕虜の家族もなのである。

エルサレムに到着するのは7月8日。Gilad の両親の思いがネタニヤフ首相に届いてくれることを祈り、今は、大行進の成功と、ガザの収容所にいるGilad に行進のことが伝えられていることを願うばかりである。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

捕虜解放への大行進」への6件のフィードバック

  1. 私もこの大行進が政治をも動かす力になる事をお祈りせずにはいられません。アメリカでは今日は建国記念日、花火をぽんぽんと打ち上げている音がかすかに聞こえますが,Giladさんの事や家族の苦しみ、切ない願いはこちらでは、報道されていません。4年間もの長い年月、捕虜になり、家族と離ればなれなんて、ハマスはテロリストだから、やっぱり人の子ではないんだろうか、テロリストにも家族がいるだろうに、個人の幸せは、国家という巨大な組織の中では、犠牲になってしまうのか。悲しくなってしまいます。私も一緒に歩きたいなあ。親が子を思う気持ち、子が親を思う気持ちはuniversalです。イスラエルの国旗のあの美しいブルーの様に、皆の心が青空一杯、天まで届いてほしいです。

    • イスラエルでもそうなのですが、どうも独立記念日というものに馴染めないでいます。記念日のお祭り騒ぎの影に、不幸になった人々の姿を思ってしまうのです。いつか、心から祝えるときが来てほしいものですが・・・
      政治の駆け引きとして兵士を誘拐し利用するハマスのようなテロ組織に、言うべき言葉は一言もありません。ただ、イスラエル政府が捕虜となった兵士の救出を第一と考えなくなったことが、残念でならないのです。

  2. keikoちゃん、大丈夫??
    そんな、涙腺をなくしてしまいたいほどなんて…
    レゲブさん、いらっしゃらないのかしら。
    誰か、keikoちゃんの涙を受け止めてくれる人がいるといいのに。

    私は今日お買い物に行って気分転換。
    問題が解決した訳ではないけど、少しは忘れないと。
    keikoちゃんも眠れますように♡

    • ありがとうございます。きっと、大丈夫だと思います。世界の事情に比べれば、私の事情なんてミクロなものです。自分に負けないように、強くならなくては・・・ですね。

  3. イスラエル、44度とは厳しい暑さですね。
    keikoさん、お疲れ気味のご様子でしょうか。
    今日はゆったり過ごされていれば良いのですが…
    おにぎりとおみそ汁、日本に比べたら美味しくなくても、意外と食べた!と思うだけで
    ちょっぴり元気が出たりしませんか。
    私はずーっとナベ料理を食べたかったので、この暑いのにナベをして食べましたが、それなりに
    気分が落ち着きました。欺瞞ですが…(^^;

    この大行進、私も全く知りませんでした。
    そんなことがあったとは…
    こんな風に家族が引き裂かれることほど辛いことはないと見ているだけで苦しくなります。
    またパレスチナに支援船が向かっているらしいですが、今度はどうなるのか…

    • ninaさん、ありがとうございます。食べ物が元気をくれるってありますね。レゲヴが単身赴任になってからというもの、料理をする気になれなくて、ろくなものを食べていないのも疲れの原因でしょうね。引越しをしてレゲヴと一緒に暮らすようになれば、また元気が戻ると思います。あ~、引越し・・・気が重いです。(ninaさんの苦労が今わかりますよToT)
      大行進は終了しましたが、ただのお祭り騒ぎで終わってしまわないことを願っています。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中