ソニア・ペレス

  

シモン・ペレス大統領の妻・ソニア(87歳)が、昨日亡くなられました。一国の首相になり、ノーベル平和賞を受賞し、大統領にまでなった政治家の妻にもかかわらず、表舞台には一切出てこないことで有名だった彼女は、政治家の妻として批判される一方で、名声を望まず、一人の女性として、そして母として、断固とした信念を貫く素晴らしい女性としても有名でした。

とは言っても、正直なところ、彼女の姿(写真)をみるのは始めてのことで、亡くなってから解かる彼女の生涯なのです。一切表舞台に出ることのなかった彼女ですが、政治家の妻として慈善事業など多くのことを、名前を売ることなくきちんとこなしていたそうです。忙しさこの上ないシモン・ペレスとは、ほとんど一緒に生活することなく、静かな環境で子供たちとの生活を望み、家庭を守ってきたそうです。まさに、シモン・ペレスが政治家としてお国のために没頭できたのも、ソニアの内助の功があってこそということですね。そして、政治家として一刻も気の休まる暇のないペレス大統領ですが、週末だけは静かな生活を望み、ひっそりと暮らすソニアと共に過ごすことを、何よりも優先させていたのは周知の事実。

「彼女は国を愛し、人々を愛していました。けっして国民から持ち上げられることをを望まず、いつも我々の一部として、良い国民の一部として、良い国民の一人の良い人間として存在していたかった」(ペレス大統領のスピーチより)

73年間連れ添う夫婦の絆というのは、この二人のように、お互いを理解し、尊重しあうことなのでしょうね。ソニア・ペレスの安らかな冥福を祈り、そして、彼女の意思を尊重してきたシモン・ペレスに改めて敬意を表します。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

ソニア・ペレス」への9件のフィードバック

  1. こんにちは☆ 尊敬する目上の女性がいるって良いですよね。何となくでも近づきたいと思ってしまいます。私は、光野桃さんや貪欲なマドンナ(笑)です。
    ロスチャイルド・ストリートがあることに感激です。ロスチャイルドに関するジョークもいっぱいあるのですか? 

    • ジョークには疎いので解りませんが、あると思います。並木道でいい感じのストリートですよ。

  2. 初めてお便りさしあげます。イスラエルの身分証明書について調べていて、このブログを発見。知らないことてんこ盛りで、興味深く拝読しました。

    突然で恐縮なのですが、以下について、もしご存知でしたら教えていただけますでしょうか(長くなってすみません)

    イスラエルについてネットで調べていたところ、「イスラエルの身分証明書にはナショナリティ・国籍・宗教の3つの欄がある。最も重要なのは第1のナショナリティで、ここにユダヤ人と書かれるかどうかが、イスラエル共和国で様々な権利を享受できるか、それとも差別されるかの境目となる」といった記述がたくさん見つかります。ユダヤ人についていろいろ調べて書いているサイト(http://inri.client.jp/hexagon/floorA1F/a1f1304.html )からの引用のようなのですが、これは本当のことなのでしょうか。
    一般に「ナショナリティ」という場合、「国籍」を意味するように思うのですが、この場合のナショナリティはどういう意味で使われているのでしょう。「ユダヤ人」という表記からすると、民族ということ? その場合、ユダヤ人以外は、アラブ人とかパレスチナ人とかベドウィンとかって書くの? 欧米系やアフリカ系や東洋系でユダヤ人じゃない場合はなんて書くの? 私の貧弱な英語力では、民族といえばRACEなのですが、ナショナリティにもそういう意味があるのかしらん。
    実際のイスラエルの身分証では、この三つの表記欄(もしあるのなら)は、どういう名称で区分けされているのでしょう。英語ではどう表記されているの? 英語ではなく、ヘブライ語表記?

    長々すみません。ご存知のことだけでも、教えていただけると幸いです。

    • さやかめさん、コメントありがとうございます。
      かつてはIDにユダヤ人であるかどうか、何宗教なのか、ということが記載されていたと私も聞きました。しかし、それが差別につながるという理由で記載はされなくなり、現在のIDには父母の名前が記載されているだけです。ご覧になったサイトの情報はちょっと古いようですね。
      ユダヤ教国家であるイスラエルは、ユダヤ人であること、ユダヤ教であることが大前提でしたが、ソ連崩壊時の大量のなんちゃってロシア・ユダヤ人の移民、近年の外国人労働者の増加、非ユダヤ人との婚姻の増加(私もそのうちの一人ですが)など、社会環境が随分と変化してきています。それに伴って、人々の考え方も変わってきているので、ユダヤ人であるかどうかというのは、実際の社会生活で感じることはほとんどありません。ただ、私の場合は子供がいないのでよくわかりませんが、子供のいる日本人の方から、子供のためにユダヤ教に改宗したほうがよい、と言われたことがあるので、学校での状況は私が感じているものとは違うのかもしれませんね。
      ちなみに、イスラエルのIDは、すべてヘブライ語表記です。

  3. お忙しいのでしょうに、早速のお返事、ありがとうございました。
    インターネットは調べ物が手軽にできて便利ですが、
    情報が玉石混淆だし、古いモノもあるし、鵜呑みにしちゃダメなのだなあと
    あらためて思いました。
    だからこそ、KEIKOさんのブログは貴重です!
    これからも、楽しみに拝読させていただきますね。

    94年に、一度だけイスラエルに行ったことがあります。
    ちょうどマクペラの洞窟事件とが起きたときで、
    アラブ人地区には一切入れませんでしたが、
    エルサレムの街の素晴らしさに魅了されました。
    和平が進むといいなあ、と思っていたのに、
    いつの間にやら、分離壁なんてものまでできてしまって、なんだか悲しいです。
    エジプトの政変が、イスラエルに悪い影響を与えることがないよう、
    みんなが安心して暮らせる日が一日も早く来ますよう祈っています。
    もちろん、KEIKOさんとご主人のご健康と、ますますのお幸せも!

    イスラエルも冬は寒いのでしょうか。
    お体に気をつけて、お過ごし下さい。

    • 私の初イスラエル上陸は1991年でしたので、さやかめさんが訪れた頃のイスラエルの印象とそう大差ないと思います。
      あの頃は、もっと荒削りな、原始的な雰囲気がイスラエルや、オールドシティーにもありましたが、今は、すべて壁と監視カメラとセキュリティーに囲まれて、なんだか魅力が半減したように感じます。安全管理も重要では有るのですけど・・・イスラエルのここ10年の変化は、本当に目覚しいものがあります。そういう私自身も、20年前とは違いますしね(笑)
      今日のイスラエルは暖かく、緑に囲まれ、花咲き乱れる、良い季節となりました。機会があったら、是非、またイスラエルへ来て見てください。

      • そーなんですか。
        東京はこのところ寒いです。
        今日も夜から雪になるかも、と言っていました。

        本当にいろいろありがとうございました。

  4. 初めまして。面識もないのに突然のコメントで申し訳ありません。
    Idan Raichelを検索していてこちらに辿り着きました。
    (私もイスラエル人の夫がおりまして、最近Idan Raichelをよく聞くようになって歌詞など調べていた次第です…。)

    私たちは4年半前に主人の仕事の関係で中国に引っ越してきたのですが、それ以前はイスラエルで生活をしておりました。最後の2年間はADSLなんぞもありネットも割と自由に使えたのですが、仕事や勉強の日々の煩雑な諸事に追われて、あまり日本人の方との交流もなく、keikoさんのような方がいらっしゃるのも存じ上げておりませんでした。
    絵葉書も大変興味深いものですね。毎年夏には主人の実家に数日里帰りをしますので、ぜひ今年の夏には本物の絵葉書をテルアビブのお店に行って拝見したいと思っております。

    日本人の数も倍増し、日本のものも手に入りやすくなり、ますます暮らしやすくなってきたと聞いております。それでもまだあらゆるストレスが日常にあふれているイスラエル、ご主人の災難などチラッとTwitterのほうで垣間見てしまいましたが、めげずに頑張ってくださいね。ウチもバックグラウンドの全く違う日本人とイスラエル人が異国の中国で戦っているのでなかなか大変ですが、いつかイスラエルに帰れる日を夢見て頑張ります。

    突然のコメント、乱筆をお許しください。

    • ゆかりさん、コメントありがとうございます。
      私も北の果てでひっそりと暮らしていたので、日本人とはあまり交流していなかったのです。まぁ、その分ネットで日本語を書いたり、絵手紙を描いて、気を紛らわせていた感じです。最近はイスラエルで納豆を売る人もいたり、随分と変わってきましたよ。是非、イスラエルに来たときにお店に立ち寄ってください。中国で日本人&イスラエル人というのも、バラガン感が増しますね。お体に気をつけて、がんばってください。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中