都会の片隅

  

イスラエルの冬は、冬という名の春。大地が緑に覆われ、南部では真っ赤なアネモネが大地を染め、北部各地では黄色・赤・青・白と彩り鮮やかに花の競演が始まります。日常が自然の花に囲まれていたキブツ生活から離れ、今年は花を愛でるチャンスはないかな・・・と諦めていたけれど、都会の片隅にも力強く根付く自然の姿を見ることができたのでした。

場所はテルアビブ近郊のネタニアという街で、私の住む場所からは車で20分ほどのナショナル・パーク。車を止めたすぐそこ、殺風景で雑草しかない(イスラエルでは雑草すら愛しいのだけど)と思わせる景色の中、溜息が出るほど妖艶な姿で、咲き始めたばかりの大きな野生アイリスが群生していたのです。愛犬タマがアイリスで隠れてしまうほどの見事さに、かつて、野生アイリスを求めてギルボア山へ行ったときには、たった4つの野生アイリスを見つけ、大感動したことを思い出し、都会のほうがいいんじゃね?という、なんとも苦い気持ちになってしまいました。

ともあれ、普段なら行列しながら観賞しなければならないほど人が訪れるそうですが、この日は天候が荒れていたので観光客も少なく、タマと一緒にのんびりとアイリスを観賞し、大荒れの海を眺め、都会の中の自然を満喫したひと時となりました。

それにしても、自然の力は素晴らしく美しい!

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

都会の片隅」への8件のフィードバック

  1. イスラエルではこの時期、いっせいに花が咲きますよね。私も、以前3月にイスラエルに滞在していたとき、花がきれいなことと、その種類が多いことに感動しました。

    keikoさんはナタニヤで、野生アイリスの群生を、よく見つけられましたね。(しかも大きいです)

    また天候が悪かったので観光客が少なかったことも幸いでしたね。

    本当にきれいな素敵な写真をありがとうございました。

    • この時季になると、イスラエルにいてよかったなといつも思います。雑草さえ愛しく感じる、素朴な自然を体感できるのは、嬉しいですね。

  2.  お久しぶりです!

     キブツ滞在が長かったから草花に囲まれた生活がちょっと恋しいでしょ。数日前に沖縄の自宅から東京/埼玉の仕事場に戻るとなんと雪!春の息吹を感じるにはまだ時間が必要なようです。

     ところで、沖縄では米軍基地内の住宅地区で働いていたんですが、なんと景色が北部地域のキブツとそっくりで驚きました。芝生やヤシの木に白い家々…。今の沖縄は広い土地があると必ずショッピングモールができちゃうから、ああいう景色にはならないよね。

     沖縄の自然が一番オリジナルの形で残っているのが、米軍が訓練用に管理するジャングル地域だというから、日本人としてなんか複雑な気持ちです。

    • 森口さん、お久しぶりです。
      沖縄の友人から、沖縄では桜が咲いていると聞きましたよ。そして、沖縄の生活なんかを聞いていると、なんとなくイスラエルに似ているなぁ・・・って、何度か思ったことがあるんです。T-シャツとサンダルだけで生活できるとかね(笑)。森口さんがキブツに似てるって言うのなら、やっぱり!って納得しました。沖縄って不思議な場所ですね。

    • 妻さん、無事に帰宅できたかな?私達の知っている日本は、一日にして変わってしまいましたね。

  3. こんにちは。日本での大地震に茫然とし、当方も海外からただニュースを見ているだけのもどかしさを感じています。keikoさんのツイッターで泣きそうになりました。くれぐれも皆様がご無事であることをお祈りしております。

    • りんごさん、お互い遠くで見守るしかない状態だけど、日本人の復興能力を信じて、私達もがんばりましょう。りんごさんの日本のご家族も無事であることを祈っています。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中