がんばろう日本

この週末は、シネマテックの日本映画フェスティバル「Japanika」についてや、イスラエルの地ビールについて書いて、絵も描いちゃおう!なんて思っていたけど、とてもそんな状況でも、気分でもなくなってしまった。

イスラエル時間8時に起きて、レゲヴはいつもどおりタマの散歩へ行き、私は部屋を掃除し、散歩から帰ったレゲヴとお茶を飲み始めた9時ごろ、ネットで地震と津波を知る。急いでTVのFOXNEWSをつけると、まさに津波が押し寄せる画像が流れており、正直、どれほどの規模の津波なのか、一体何が起こっているのかさえ解からないような感覚で、ただ唖然と津波の映像を見続けていた。

急いでTwitter、NHKニュースなどで情報を確認、一人の中学生がUSTREAMでNHKの配信をしていることを知り、その後、数時間はずっと中学生の流してくれているUSTで日本の様子を同時間で見ることができた。それからは、一時も目を離すことなく、ネットで情報を集め、Twitter、Facebookで知りえるだけの友人の安否を確認し、何度か試みた結果、Skypeで母の携帯に連絡を取ることができ、無事を確認することができた。

新潟も随分と大きく揺れたらしく、母は「もうお終いかと思った、ものすごく怖かったよ。」と、その時の様子を語り、家族も家も被害がないと知ってひとまず安心する。不謹慎だけれども、津波の被害にあった地域には申し訳ないけれど、私は母に、「あの津波が、もし新潟だったらと思っただけで・・・」と、そのまま言葉にならなくなってしまった。そして、母は「こっちで何かあったとしても、keikoだけでも生きていてくれると思えるから、keikoがイスラエルにいてくれてよかった、って考えていたんだよ。」と言われ、私は「イスラエルは天災じゃなくて、人災で死んじゃうけどね、爆弾が飛んできてさ」と、お互い泣き笑いだった。

それからはただ、配信されているNHKのニュースを確認し、夜中に何度も新潟・長野地方にM6強の地震があったけれども、大丈夫だと祈りながら、日本の夜明けまで見続け、朝日に映し出された津波の惨状と、救助を待っている人々の姿を見るにつけ、胸がつまるような思いだった。

私はこうして遠くイスラエルから、ネットで配信されている生のニュースを見ていることしかできない。今、再び夜を迎えた被災地の人々、まだ余震の続く地域の人々、日本国中の人々が、不安で辛い時間を過ごしていることだろう。

また世界中が、パニックにもヒステリックにもならず、略奪も起こらず、冷静に、またお互いを思いやりながら対応する日本人と日本国の対応の様子をライブで見て、驚きと感心の報道をしている。確かに、ずっと配信されている生の日本の様子をずっと見ているけど、泣き叫ぶ人も、誰ともなく怒りをあらわにする人も映像に写ることはなく、キャスターもあくまで冷静な口調で語り、人々が助け合いながら、一所懸命に状況を乗り越えようとする姿を見るのは、さすが日本、素晴らしい日本人としかいいようがない。これがイスラエルだったら・・・なんていうのは、あまりに(人間性にしても、国の対応にしても)無謀な考えなので、というか、考えただけで、手に取るようにヒステリックになり、不愉快に怒鳴り散らす人々の姿が想像できるので、一時間として見続けることは困難だろう。

被災地の人々の辛く苦しい状況は、まだまだ続くと誰もが知っている。そして日本国中が助けあわなくてはならないのも解かっている。誰のせいでもない、誰も悪くない。自然災害と共に歩んできた日本国民だから、きっと大丈夫。辛いけど、日本がんばろう。

ちなみに、地震とは関係なく、予定通り、もし今後急展開がない限り3月22日に日本へ帰国予定。否、たとえ何か事態が変わっても、飛行機が飛ぶなら、必ず行く!

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

がんばろう日本」への10件のフィードバック

  1. 地震発生後、テレビではドラマやバラエティ番組は一切なく、全ての局で終日地震情報番組。
    初めはCMすら入らなかったのよ。
    1日、2日経ち津波が引いてもどんどん死亡・行方不明の人数が増えて・・・
    本当に大変な事態。
    何もできないのがもどかしく、辛いよ。

    新潟市は幸い全く影響ないよ。
    上越新幹線も再開してるしね。
    待ってるよ!     —–新潟のyukiより——

    • 新潟も計画停電が始まったね。まずは飛行機が飛んでくれることと、成田に降り立つことが出来ることを祈るよ。
      日本国内移動の懸念は、着いてから考えようと思う。
      会おうね、絶対。新潟についたら、連絡するよ。

  2. TVからはいってくる映像は想像を絶するもので、言葉を失っています。
    新潟のご家族ご無事で何より。
    こんな混乱の中、日本国民は冷静を保っていると思うよ、避難所にいる人も。
    余震も続いてストレスいっぱいたまっているはずなのに。
    何かできることはないかなと考えているけど、節電くらいしかないのよね。

    日本来るんだね、できれば会いたいな。今暇してるから新潟いくよ!

    • 日本国民の冷静さと辛抱強さには、同じ日本国民であっても外国なれした私には、感動せずにいられないことだよ。
      成田に到着して、もし、移動できないような状況なら、よっちゃんに宅にお邪魔しちゃうかも・・・
      新潟に来てくれるっていう気持ちは嬉しいけど、こんなときは、動かずにじっとしているほうがいいよ。
      疎開する必要があるなら、新潟のみならず、イスラエルでも大歓迎さ。

  3. 日が経つほどに、被災地の現状を知ると胸が張り裂ける思いです。日本のこと家族の安否を心配してくれると感動しますよね。少しでも何かできないかって。
    keikoさんの日本帰国で日本のご家族も元気になるでしょうね。復興します!

    • 私も義捐金以外に何が出来るのか、ずっと考えています。
      やはり、悲しむよりも、元気を出してがんばるしかないですよね。
      「また、再建しましょう」と笑顔で言っていた被災地のおじいちゃんの言葉が、響きます。

  4. お久しぶりです。日本は今大変ですが世界100カ国以上の国々が救助の申し出をしてくれています。本当に感謝の気持ちでいっぱいだし、勇気をもらっています。今日はユダヤ教のプリム。関西ユダヤ教会では仙台などで被災された同胞の家族を数人受け入れていますし、毎日日本の為に祈っています。今日は教会のメンバーが各々救援物資を持ち寄って明日トラックで東北まで届けます。私も物資支援と被災された方の受け入れのお手伝い、赤十字などへの寄付など、自分にできる事をやっています。こういう時、国籍も宗教も超えて心から支え合う事ができる国であることを誇りに思います。反面リビアへの軍事攻撃を思うと、心が痛みます。人は殺し合わなくてもいつか死ぬ時は必ずくるのに、人が人の命を奪うなんてこと、あってはいけないと強く思う。平和であること、普通に生活できる事に改めて感謝しています。帰国されるんですね。暖かくなる頃ですが花粉も飛んでいますよ。

    • 東京のラバイと日本人の方が、一緒に被災地へ救援に出かけたことを聞いています。炊き出しなどをしているようですね。私も被災地の人々、日本の復興のために出来ることをがんばります。一人ひとりのそういった気持ちが、これからの日本を支えていくと信じたいです。新潟県も多くの被災者の受け入れをしていると聞きました。帰国したら、まずは新潟で出来ることからはじめたいと思います。桜にはちょっと早い帰国になりそうです。

  5. 御実家が何ともなくてよかったわね!!!
    私も無事に帰れたわ。
    今はホントにお米が買えない状態。
    これが新潟だったら、日本中が飢えてたかも?!
    それにね、そんなに美談ばかりではなさそうなの。
    信金では4千万円が盗まれ、避難所ではケンカもあるそうよ。
    ストレスも極限まで来てるんでしょうね。

    今頃は御実家でおいしい和食を食べてるかしら?
    あまり頑張り過ぎないで、日頃のストレスを癒すようにしてね♡

    • 妻さん、東京は大変なようですね。私は昨夜新潟に帰ってきました。成田から京成スカイライナーに乗って上野に到着するまで、薄暗い道のりに現実を実感しましたよ。新潟にも多くの被災者の人が避難してきています。被災者の方たちに少しでも生きていく希望を与えられるよう、日本中・日本国民みんなで頑張らないといけませんね。私もこれから頑張れるように、十分休息していこうと思います。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中