日本滞在、そして帰国

 2週間の日本滞在を終えてイスラエルに戻ってくると、あの震災からすでに一ヶ月が過ぎたことを知ってびっくりです。

日本へ行くまでは、あれもこれも心配で、日本へ行くこと自体が迷惑な行為なのかも知れないと悩んだけれど、やはり、行ってきてよかったと思う。外国人のいない成田も、電車の中から見る見慣れない東京周辺の暗闇も、人のいない上野駅も、動いていない駅のエスカレーターも、食べ物が無い駅の売店も、全てが私の知らない東京の姿で、突然、夢で見た違う世界に取り込まれてしまったような感覚でした。でも、上越新幹線で新潟駅に着いたとき、駅の構内の明るさに、ホッとした気持ちになったのです。きっと、新潟がこんなに都会に思えたのは、今回が最初で最後でしょう。

 新潟市は節電以外に特に変わったこともなく、滞在するに何の不便も無かったけれど、やはり、街にも人間の気持ちにも、何か暗いオーラが覆っていて、何をするにも心から楽しむなんてことは、不可能でした。これほどの大震災、被災地の人々の辛い生活、辛い体験、そして毎日休むことのない報道で、涙が枯れることを知らずに流れ出し、楽しめっていうほうが土台無理な話です。でも、このまま自粛ムードが続いてはダメなのだ、とヒシヒシと感じもしました。元気になれる者が、元気にがんばらなくてはダメなんですよね。日本を出発する日に見た上野駅の賑わいに、「よし、こうでなくては!」と、妙に嬉しさと感動を感じたのですよ。

また、日本に到着してすぐに、イスラエル医療団の通訳ボランティアを勧めるメールを受けましたが、予定があっての帰国だったので、なんとも苦い気持ちで断りの返信をしました。気持ちは被災者を助けたいと思っていても、実際に行動に移すには違う力が必要なのだと、改めて考えさせられたものです。(即トラックを飛ばして被災地へ行った江頭は、本当に素晴らしい!)

 そして、イスラエルに帰国してすぐに、レゲヴの家族に日本滞在の報告を兼ねてあってきましたが、「津波の場所は見てきたか?」「放射能検査を受けたか?」なんてことを聞かれると、こっちではすでに野次馬気分で、しかも日本国中が原発に汚染されているという認識なのか・・・と非常に残念な気持ちになってしまいました。そんな風評を覆すためにも、東電も政府もがんばってもらわないといけないし、実際に目にしてきた私も、がんばって正しいことを伝えていかなくては、と思うのです。

次に日本を訪れる時は、きっと日本も東北も元気を取り戻していると確信しています。そして、レゲヴの念願だった東北めぐりができると信じています。気仙沼市階上中学の卒業式で答辞を読んだ、梶原裕太君のような青年が東北にいるならば、日本は絶対に大丈夫です。

 

・・・素晴らしい(涙)

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

日本滞在、そして帰国」への4件のフィードバック

  1. 無事帰国よかったです。
    パソコン戻ってきました。とりあえず問題ないみたいです。
    初期化もされてませんでした。
     
    大事にありがたく使わせていただきます。
    レゲヴを始め、そちらの家族の方によろしくお伝えください。
    余震は続いて、原発がちょっと心配ですが、恐らく大丈夫でしょう。

    それではよろしく。

    • isamuさん、コメントありがとう。
      日本の企業を信じて購入して、やっぱりよかったです。
      こちらでも、いつも日本の状況を注視しています。
      大変だろうけど、がんばってください。
      メールします。

  2. お帰りなさい。
    イスラエルの医療団、ニュースで見たわ。
    ほかにも各国の医療団の申し入れがあったようだけど、通訳を用意しなければならないと受け入れる側が断ったらしい。
    具合が良くない時こそ、自分の言葉で相談したいもんね〜。
    新潟には、被災者が一番多く避難してきたとか。
    一日も早い復興を心から祈るばかり…

    おいしいもの食べてきた?!(笑)

    • 良いことでイスラエルが話題になるのは、珍しいので、非常に嬉しいです。
      通訳の依頼も断ってから随分気がかりでしたが、そんな心配も必要なく、速攻で多くの通訳希望者があったそうです。
      基本、イスラエルは英語でOKですからね。
      そして、新潟も重要な役割を担っていると知り、私の好きなイスラエル・新潟の双方が活躍してくれて、
      その二つに関係している私も、がんばらねば!という気持ちになる毎日です。

      精神的なものだと思いますが、体調を崩して思うように飲食を楽しめなかった、今回の日本滞在でした(涙)

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中