不審物の取り扱い

先日、超ま近でイスラエルではよくある「アレ」が行われたので、一部始終をお知らせです。これほど近くで見れて、画像を取れることはめったになく、まぁ、何事もなかったことなので、「へぇ~、こういうものなんだぁ」くらいの気持ちでご覧ください。

まずは、警察が来て付近の通行止めを行います。不審バッグの真向かいにあるカフェのお客さんたちも遠くへ追いやられました。そして、hibino(全面ガラス張り)へも警察が来て店の奥へ離れなさいと指示されました。その時、店内にいたお客さんも一緒に店内奥へ。多少の緊張感はありますが、みんなまたか・・・という気持ちで、事の成り行きをワイワイと言いながら見ています。そして私は、野次馬根性丸出しで撮影に勤しみます。

 

ロボット探査機が登場して爆破させるかとおもいましたが、バッグに爆破物がないことはある程度確認できているようなので、とにかく手を使わずに全部開けるという方法がこちら↓


そして中身が全部出て、最後の確認が行われ、一件落着です。

こういうことは本当によくあることで、バスであれ車であれいきなり通行停止になり、30分以上は身動きが取れなくなります。それだけ不審物に対しては徹底した対応をしているともいえるので、たまたま当たっちゃったと思うしかないのです。そして何よりも、何事も無かったことを喜ぶほうが大きいですよ。最近のイスラエルは静かなので、ついつい忘れてしまいがちですが、今回のことも、ホント爆発物でなくて良かったですわ。まぁ、普通は前置きなしで爆発するんでしょうけどね・・・

ともあれ、イスラエルのよくある日常風景?のご紹介でした・・・慣れって怖いわ~^^;

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

広告

不審物の取り扱い」への6件のフィードバック

  1. 不審物のチエックというのはこのWVのど田舎では超まれですので今回のビデオを拝見し、シリアスな一面を感じました。勿論,空港などではこんな感じだよねーと思いつつ、何でも放り投げなのでちょっとおかしかったです。笑いごとではないのですけど。本当に爆発したらおそろしいですね。ど田舎人な私はこっちでは9/11もあったのに、人ごとの様に暮らしているので、なんて言うのかなあ、やっぱりスキが出てくるんですね。オスローの事件もたくさんの方が亡くなられたし、平和が一番と感謝の気持ちでいっぱいになりました。テロはやっぱり恐ろしいです。

    • かばんがブンブン振り回されているのは、やっぱ笑えましたよ。振り回している時点で、危険物じゃないだろ!おいっ!って感じでしたけどね。こんな近くで観察できて、貴重な体験でした。イスラエルでかばんを置き忘れると、爆破されちゃうんで、気をつけましょう(笑)

  2. これだけ徹底しているとある意味安心??

    東京でよくある風景は人身事故かな。しょっちょーだよ。電車止まってアナウンス流れるとみんな「ちっ」みたいな。平和な日本なのに幸せでない人が多いって不思議だよね。

    • 人身事故かぁ・・・人に迷惑かけずに必死で生きろ!と言ってやりたい。イスラエルは、人への迷惑を迷惑とわからない、能天気なおバカばっかりで、もう笑うしかないけどね。

  3. My husband tald to me don`t pick up any thing from on the streets. Even if it was a stuffed toy animal. Those thing could be a bomb!!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中