Giladの帰還

2011年10月18日は、イスラエル史の重要な一日となった。5年半ハマスに拉致監禁されていたGilad Shalitが生きて戻ってきたのだ。凶悪テロ犯罪者を含む1000人のパレスチナ犯罪者の釈放と引き換え、というトンでもない要求にネタニヤフ首相が合意したという報道がされたのが10月12日。あのネタニヤフ首相が!?と、信じられない気持ちだったが、現在のエジプトを含むイスラム国の状況変化、パレスチナ政府の不安定要因などを考え、今を逃してはGilad を救う道は絶たれる可能性がある、と判断したネタニヤフ首相の英断だった。

Gilad解放の一日は、イスラエル国民全てが喜びに満たされた最大のドラマとなり、解放活動を続けてきた父Noamとの抱擁に歓喜せずにはいられなかった。
http://www.ynet.co.il/articles/0,7340,L-4136532,00.html

5年間監禁状態だった苦しみに耐えたGiladもさることながら、私はこの5年間ずっとGilad解放のためにイスラエル政府・各国政府へ働きかけ、活動を続けてきたGiladの父Noamの人柄と忍耐、そしてその精神力の強さに敬意を表したい。人前で決して乱れることなく、いつも冷静さを保ち、息子のために戦う姿。そんなNoamを私達は見続けてきた。どれほどの苦しみと怒りを内に秘めていたことだろう。

今回の捕虜交換によって、今後再び兵士が拉致される懸念や、解放されたテロリストによってテロが増えるなど懸念されているが、それはそれ、今後の警戒を怠らなければいい。Gilad が解放された後の調査では、80%以上の国民がネタニヤフ首相の決断を支持している。戦場で負傷した兵士がいたら、後退はせず前進して救出するというイスラエルの精神が証明されたGiladの解放。これでこそ、兵士達も体を張って国を守れるというものだろう。

また、忘れてならないのは、爆弾テロで家族を失った人々が、そのテロ犯人の釈放に無念と怒りを込めて耐えているということ。Giladはそんな多くの人々の思いを抱えて今後生きていかなければならない。解放された喜びを噛み締めた後は、自らの自由と引き換えにしたものの重圧に苦しむかも知れない。でも、それを乗り越え、生きて戻ってきて良かったと思える人生を歩んでほしいと心から願う。

今朝の報道でみた私服のGiladは、ようやく緊張が和らいだ表情をしていて、なんだかほっとした。今後の彼のスケジュールは、専門家の精神鑑定などを受け、徐々に日常生活に戻っていくそうだ。

今までのGilad 関連ポスト
2007.6.29 拉致された兵士の行方
2008.7.16 イスラエル捕虜帰還
2008.7.17 本当の戦争終結
2009.1.27 捕虜か自爆か?
2009.10.2 イスラエル兵捕虜のビデオ
2009.12.21 近いようで遠い希望 
2010.7.4  捕虜解放への大行進

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

広告

Giladの帰還」への6件のフィードバック

  1. イスラエルは問題だらけの国だけど、こういうのを見るとまともさを思い知らされる。5年は長かったなぁ。

    キブツ・ハゾレアでの最初のホストファミリーは、オヤジさんがファントムのパイロットで、エジプトで撃墜されて捕虜になった。その前のヨクナムのホストファミリーは、オヤジさんがミラージュのナビゲーターで、シリアで撃墜されて捕虜になってた。イスラエルに暮らすかぎりは、そういったリスクがいつもあるんだよね。みんな他人事じゃないから、イスラエル国民も自分の事のように盛り上がったんだなぁ。

    • 森口さん、お久しぶりです。
      そのオヤジさんたち、無事に戻れてよかったですよね。戦争には戦争のルールがあるのでしょうが、テロ集団にルールは通用しないということでしょう。ギラッドが第2のRon Aradにならなくて、本当によかったです。感無量といった一日でした。

  2. あっ、そうそう、先日イスラエル外務省の依頼でマタン・ヴィルナイ民間防衛大臣の同行撮影をしてきました。リーベルマン外相、アヤロン副外相に続いて3人目の同行撮影。「(イスラエルの)元職業軍人の政治家には気さくなひとが多い」という例に漏れず、威張ったり、傲慢なところのない大臣でした。

    南三陸町にはイスラエル軍が建てて、寄付した仮設クリニックがあって、今も現役稼働中。当時の「迅速かつ的確な行動」に医師も町もとても感謝していました。キブツ滞在経験のある栗原市(南三陸町の近隣市)の市長が「全責任を負う」という形で地元医師会の反対を押し切り、異例の「外国軍医療団受け入れ」とその滞在拠点提供を決定。ただ開院しても数日は患者が来なかったそうです。中東の軍医療団だったこともあるでしょうが、関係者によれば「あそこに行くな」という“圧力”が地元にかかったとのこと。それでも子供たちと遊ぶ隊員の姿に少しづづ大人たちも和みはじめて、クリニックとして機能し始めたそうです。大臣訪問時には軍クリニックでケアされた妊婦さんが、その後無事出産した赤ちゃんを連れて大臣や隊長に会いに来てました。町の犠牲者数の報告に「あれから何人産まれたかも教えてください」という大臣の一言は印象的でした。

    • 森口さん、いい話ですね。イスラエル軍の医療団とほぼ同じ時に日本へ帰国していたので、日本でも、そして、イスラエルに戻ってからも、そのことについてはよく聞かれました。栗原市市長の即決、イスラエルの迅速な派遣、どれをとっても素晴らしいです。あの時、通訳に馳せ参じることが出来なかったのは、たとえ無理だった理由があったとしても、やはり悔やまれます。

  3. イスラエルは民主主義がアメリカ以上に徹底した国ですが、民主主義とは数だけではないことを痛感します。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中