シモン・ペレスの大統領自由勲章受賞

日本から帰って来たと同時に、我が家では家主の都合でTVが見れなくなり、バタバタとしてニュースを見る間もなくすごしていたら、シモン・ペレス大統領が大統領自由勲章を受章してました。きっとこれは、めでたいことなのでしょう。なにせ、あのイスラエル嫌いのオバマがくれたのですから!

同じくボブ・ディランも受賞したなんて、さすがはイスラエルの誇りシモン・ペレス。88歳にして、眼光衰えず、精力的に国家・人民のために国務に専念している姿には、心から敬意を表します。オバマ大統領のみならず、世界中でイスラエル嫌い・ネタニヤフ首相嫌いであれ、シモン・ペレスに尊敬の念を抱かない政治家はいないのではないでしょうか?いや、自国にいました、ビビ・ネタニヤフという小心者のカリスマ首相が・・・

ともあれ、シモン・ペレス大統領には、健康に気をつけて、イスラエルの良きシンボルとして、一日でも長く活躍されることを願うばかりです。

そうそう、受賞つながりということで(映画の内容がイスラエル賞を受賞する大学教授の話)、2012年アカデミー外国語映画賞にノミネートされたイスラエル映画「Footnote(הערת שוליים )」を見ました。非常に評判がよかったのに、なぜアカデミーを逃したのだろう?と不思議でしたが、見て納得です、最後がいけません。イスラエル映画にしては珍しく、知性派でちょっとユーモアもあり、俳優たちの演技も素晴らしく、最後まで引き込まれたのですが、テロップが出たときには、思わず叫んでました・・・「えぇーーー!ここで終わるの!えぇぇー」って。誰も幸せにならず、救いのかけらもない映画は、フランスでは受けても、ハリウッドでは駄目です。映画自体の出来が良いだけに、非常に残念至極なThe end。ハッピーエンドじゃなくてもいいから、一欠けらの救いがある映画が好き・・・な今日この頃です。

お知らせ: Regev in Japan 2012 「日本がんばれ編」アップしました。お時間のある人はどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中