アイアンドームの活躍

相も変わらず、報復合戦に明け暮れるパレスチナとイスラエル。そして、悪者扱いが板について離れない強者イスラエルと、被害者ぶってやりたい放題のテロ集団・ハマス・パレスチナ。無知な左の平和主義者は、イスラエルにいじめられて、何て可哀想なパレスチナと騒ぎたてる。ついでに、日本の集団的自衛権も引き合いに出す始末。

さて、イスラエルの経済を担う商業都市テルアビブに、連日ロケットが飛んでくるこの状況、迎撃ミサイル「アイアン・ドーム(Iron Dome)」が大活躍しています。性能良すぎです。こんなに信頼できる頼もしい奴はなかなかいません。自衛するということ、国民を守り、平和を維持するということの現実は、イスラエルでは机上の空論ではないのです。

日本では、当然のことのように、反イスラエル一色の報道。しかし・・・

ハマスが女・子供を楯にし、犠牲者を出して、反イスラエルを報道しやすくしていることを知っているのでしょうか?

そして、多くの国民は戦争なんて望んでいないことを知っているのでしょうか?

イスラエル国内でこの報復合戦を止めようとデモをするアラブ人とユダヤ人がいることを知っているのでしょうか?

今回の紛争の引き金になった、パレスチナ人に誘拐され殺された3人のユダヤの少年たち。その報復にユダヤ人によって誘拐され殺された16歳のパレスチナの少年。双方の家族の苦しみと怒りは、計り知れないほど深い。しかし、だからと言って、それを口実に無差別攻撃するパレスチナも、報復攻撃するイスラエルも愚かです。

この数日、地域差はありますが、テルアビブだけでなく周辺地域も、空襲警報が鳴りやむことはなく、慣れていない人には辛い日々のようです。

そんな中、私はランニングを始めました。時に空襲警報が鳴ろうと、日常は日常として過ごしています。子供がいないせいか、怒りも恐怖もなく、ただ空虚なだけ、空しいだけです。戦争への感情は、2006年の戦争でもう味わい尽くしてしまったからでしょう。

怒りさえない、ただの空虚。救いもなく、無感情に続く非日常のなかの日常。そして、いつものように、多くの命を無駄に失い、俺が勝ったと言いあいながら停戦するのが、イスラエルとパレスチナ・・・こんなものに、勝者はない、より深い苦しみが刻まれるだけ。

空は青く、暑い、そんな紛争中の今日この頃・・

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

広告

アイアンドームの活躍」への4件のフィードバック

  1. お久しぶりです:)Keikoさんのブログを読んでいて成る程なるほどと共感しつつ、コメントを書かせて頂いてます。アメリカにいるとどうしてもイスラエルに同調した報道が多いので、また意見も変わってくるのだと思いますが、私もやっぱり両方ともやめて頂きたいというか、殺戮は何の解決にもならないし、多くの国民は戦争なんて本当にやめて欲しいというのは本音だと思います。静かに平穏に暮らす日が戻ってくる事を心からお祈り申し上げます。でも仕事場の超性格の悪いボスの方、けんかばかり売り込んで、相手の事を聞かないのは、日常の戦争みたいなもので、やめた方がいいって言うのがわからないのでしょうか?空しいと仰るのわかります。

    • ゆきさん、コメントありがとうございます。本当にいろいろと空しいです。相手を思いやる、いたわる気持ちは、人間を幸せにできるものなに・・・どうして、この国は憎しみ合うことばかりなのでしょうね。

  2. こんにちは。以前にコメした者です。大丈夫ですか?くれぐれもちゃんと逃げて下さい。ゆきさんのコメが意外です、、、赤の州にお住まいなんですね。米国の報道も超反イスラエルで、報道を耳にするたびに憤慨しております。。。ただ不思議なのが、米国のユダヤ系はなぜ強力に左政権を支持するかです。オバマ政権後は反イスラエル色が濃厚になる前提で、多額の援助と支持していたのが解せないです。
    私はカナダ在住ですが、やはりカナダも日本同様な偏向報道で、本当に悲しく怒り心頭になります。今いる田舎のカナダで日本人は100人もいないのに、韓国系・中国系が歴史問題を持ち出してはせっせと反日活動しております。いつか日本にもロケットが飛んでくる日が近いのかも。増々おかしくなる世の中ですが、本当に気を付けて下さいませ。

    • りんごさん、返信が遅くなりすみませんでした。いつものことですが、世界は騒げるほうに加担するものです。この国は建国以来ずっと非常事態宣言が解除されていません。ミサイルの心配もいらずに暢気に暮らす遠くの国民が、暇つぶしに反イスラエルに興じている姿は、こちらから見れば滑稽ですね。イスラエルの若者は実際に生死をかけ国の存続の為に戦っているのですからね。パレスチナが本当に国を持ちたいというのであれば、和平の道を模索する代わりに、イスラエルを憎み、殺す方法を教える連中を、自らの手で排除することから始めなければ、何一つ前進する見込みがないことは明白です。
      イスラエル軍の撤退が完了し、あとは、静かな日常が一日でも長く続くことを願うばかりです。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中