ヴィーガン快進撃

vflogoSm  ←これぞ、イスラエルのヴィーガンマーク

アーモンドの花が咲き、真っ赤なアネモネの絨毯ができ、緑が目に美しい冬も終わりに近づいたイスラエルです。

レゲヴがヴィーガン宣言をしたのが、2013年夏。それに呼応するようにイスラエルのヴィーガン・ビジネスは快進撃を見せています。

イスラエルでのヴィーガンブームの始まりは、欧米同様に、PETAの動物に対する権利活動の活発化、イスラエルメディアでの紹介、書籍、有名人、政治家による広報活動の影響に加え、有機栽培食品、グルテンフリー、アンチミルク等の健康食ブームが定着していたことがあげられます。

また、ユダヤ教の食の戒律であるコシェルが、乳製品を一切使わないヴィーガン食を受け入れやすくしていることも考えられます。これは、肉と乳製品を一緒に食さないというもので、すでにイスラエルではコシェル用としてミルクを使用していないチョコレートや、ケーキ、チーズなどが存在していました。

もともと、乳製品OKのベジタリアンであったレゲヴは、チョコレートもチーズも大好物でしたが、ヴィーガン宣言をしてからは、もちろん、高級チョコもチーズも食せません。でも、やっぱり、サンドイッチにもパスタにもチーズは必要だし、チョコレートも美味しいケーキも食べたいのです。2013年は、まだ選ぶ余地もないほどのヴィーガン・チーズしかなく、それも激マズでしたが、今ではスーパーで一角のすべてにヴィーガンコーナーができるほど種類が豊富になりました。そして、十分に美味しくなってきています。

ベジタリアン御用達である、イスラエルが誇る冷凍食品Tivallは、すべての商品に卵を使用していましたが、このヴィーガンブームによって「Vegan Friendly」の商品を次々と販売しています。そして、美味い!

Tivall.vegan

かつては申し訳なさそうにスーパーで埃をかぶっていた豆乳食品のAlproは、ドヤ顔でコーナーを仕切るようになりました。

Soya-original-1L4_316x618

ドミノピザも世界に先駆け、ヴィーガンピザを販売し、カフェもヴィーガンサンドを提供し、ヴィーガンレストランもこの一年で非常に増えました。今では、ヴィーガンメニューがないレストランのほうが、おかしいのでは?と思えるほどのヴィーガン勢力です。

Vega ←これがベスト(ココナッツミルク)。

現在イスラエルでは人口の6%がベジタリアンと言われており、ヴィーガン・ビジネスの中心はテルアビブです。これがただのブームで終了するのかどうかはわかりませんが、一度ヴィーガンやベジタリアンになって、それを数年続けることができると、よほどのことがない限り(健康上の問題など)、肉食に戻ることはないと思います。

私個人としては、過激な活動や、肉を食することを悪とするような過激な論争は、如何なものかと考えますが、動物に痛みを与えること(動物実験)や、無駄な食用、快楽のためだけに殺害(狩り・食用飼育)することが本当に必要なのかは、人間が考え続けなければならない課題だと思っています。

ちなみに、動物実験をしていない商品は、このマークのいずれかが表示されています。

Capture

そんな、レげヴのようには完全ヴィーガンにはなり切れない、臨機応変ベジタリンな今日この頃です。

日本の「(命を)いただきます」の精神を大切にしたいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中