トロイアの女たち感想

トロイアの女たち 249830_10151307132928366_1953756915_n
Photo: AviRam Shahino  (The Cameri Theatre in Tel Aviv)

2012年の締めくくり大晦日は、「トロイアの女たち」を観劇してきました。

イスラエル公演の初日の様子は、檀上に登場した蜷川幸雄氏と出演者たちへスタンディングオベーションで喝采が送られたと、日本のほぼ全メディアで報道されました。( NHK NEWS WEB)

もちろんイスラエルでもTVや新聞で紹介され、前売りチケットは完売。在イスラエルの日本人もたくさんの人が観劇に行ったようです。私も若かりし頃は、某団体のミュージカルを見るために新潟-東京を往復していたこともありましたが、蜷川氏の演劇は一度も見たことがなく、出演者に至っては全く無知。ほとんどイスラエル人と同じような状態で、観劇したといえます。 (Israel 10ch TV)

さて、感想ですが、3時間を飽きさせない目にも、耳にも美しく印象的な演出でした。白石加代子さんの演技は、登場してからずっと目が離すことができず、これぞ日本の女優という魅力を見せつけられました。コロスの日本人女優さんたちの演技も非常に素晴らしかったです。ただ、イスラエル人・アラブ人出演者たちの演技が、日本人出演者のそれと比べるとちょっと残念でした。もちろんそれぞれ立派な演技をしているのですが、格が違いすぎです。さすがは、ガラスの仮面が根付く女優魂の国・日本の女優さんたちの演技は本物です。

日本語・ヘブライ語・アラビア語が入り混じり、コロスに至っては同じセリフを3か国語で繰り返すという特殊な演出は、出演者にとっても決して簡単ではなかったと思います。蜷川氏も雑誌のインタビューで答えていますが、イスラエル人・アラブ人出演者には、それぞれの国民性を共有するために、自由に演技をさせたそうです。まぁ、イスラエル人を知る私から言っても、それしか方法はなかったのではないかと思います。

今回のトロイアは、日・イ外交60周年記念事業の最大イベントであり、日本・イスラエル・アラブの異なる国の異なる民族性を持つ人々が、ともに一つの舞台を作りあげ、演じるということに意義があり、それぞれの個性の強い出演者をまとめ作りあげた蜷川氏と、出演者へ賛辞を贈るべきものです。

公演を見終えた後、エスティとニューイヤーを祝いながら、たくさん話をしました。エスティ曰く、このトロイアの女たちはフェスティバルなどでの公演ほほうが向いていて、すでに世界各国の演劇フェスティバルからオファーが来ているそうです。それと、3時間も演劇を見る忍耐はイスラエル人にはないから、3か国語の繰り返しを変えたらどうか、とか、セリフを短くしたらどうか、という話がでたらしいですが、蜷川氏は決して演出を変えることはなかったそうです。

また、ギリシア悲劇「トロイアの女たち」を、イスラエルの現状と重ねるのは安易かもしれませんが、私はイスラエル人・アラブ人出演者が、演技の中で戦争の勝者・敗者として演じる姿、そしてセリフに、イスラエルとパレスチナを投影せずにはいられませんでした。今現在、実際に争っているイスラエルとパレスチナ、双方とも親や子供を殺され私怨を抱えながら日々生活をしている民族が、同じ悲劇のセリフを口にするのは、非常に複雑な気分であると同時に、遣り切れない気持ちになるのです。きっと、それこそが蜷川氏がこの演目を決め、演出をしたことの意図だったのかもしれません。戦争をしている者同士に戦争の悲劇を演じさせるという、なんとも痛く重く、皮肉の効いた演出です。

東京公演直前のガザ紛争の際には、プライベートでは多少の口論もあったようですが、しかし舞台稽古では、決して争うことなく、出演者全員が平常心でいたと、エスティが語っていました。

イスラエルで蜷川氏のトロイアがどのように評価されたかは、演劇評論家の記事を読む限り、ほぼ私の意見と変わりのない評論でした。「世界の蜷川が演出する3か国・3民族・3言語の共演というプロジェクト自体は最高に面白く素晴らしい。しかし、日本人出演者の素晴らしい演技、アラブ人の力演、個性が定着してしまっているイスラエル人のハマらない演技、3か国語でセリフを繰り返すのは、はじめは興味があったが、途中から飽きる。」という辛口批評です。

エスティは公演のため50日間東京に滞在し、日本が大好きになって帰ってきました。以前は全く日本を知らなかった彼女の口から「イケブクロ・シブヤ・ウドン・ジシン」なんて言葉が頻繁に出てくると、自然と笑みがこぼれてしまいます。「日本に滞在し、日本人と仕事をして日本を知ることで、keikoがどう感じ、どう思ているのか、今までよりもずっと分かるようになったわ」と言ってくれました。感動屋のエスティは、何度も日本で感動して泣いたことでしょう。

556782_524022260949774_2095640813_n 549550_10151277456264395_262201705_n Photo: AviRam Shahino

今日がイスラエル公演最終日。出演者・スタッフの方々、本当にご苦労様でした。そして、素晴らしい公演をありがとうございました。 また、エスティからも東京公演に来てくれた方々に、感謝の気持ちを伝えてほしいと言付かっています。(FaceBook : The Cameri Theatre 出演者の画像

そして、私のブログを見て興味を持ち、公演に行ってくれた方々、本当にありがとうございました。こうしたイベントで、戦争だけではない、イスラエルのアーティストたちの姿を知ってもらえるのは、心から嬉しいことです。1月13日には京都でダンスコラボレーションもあります。是非、興味のある方は参加してみてください。

307194_10151293001386839_2048361383_n (2012年大晦日公演後のエスティと乾杯)

皆様、今年もよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

「トロイアの女たち」続報

蜷川幸雄氏演出「トロイアの女たち」の東京公演もいよいよ迫ってきました。

と、そんな大事な時期にも関わらず、ガザ紛争が勃発してしまい、なんともめちゃくちゃなイスラエル事情。長い間、この公演のために準備をしてきた関係者・出演者の気持ちを思うと、切ないです。でも、これがイスラエルなんですよね。どんな事業計画をしようとも、明日には何が起きるかわからない。そんな不安定要素を抱え、逞しく生き抜いているのがイスラエルの人々でもあるのです。

さて、こんなイスラエル事情だからこそ、ユダヤ・アラブ系イスラエル人の競演する、蜷川幸雄氏演出「トロイアの女たち」を見に行くことをおススメします。12月11日~20日まで東京芸術劇場で公演、イスラエル人出演者は、ベテラン女優のリフカ・ミハエリ(Rivka Michaeli)やエスティ・コソヴィツキ(Esti Kosovizki)。以前も記載にしましたが、エスティは、レゲヴの叔母さんです。

            
Rivka Michaeli                                   Esti Kosovizki

イスラエル人出演者は、イスラエルの情勢には慣れているので、このような状況に対応することも問題ないと思います。ただ、反イスラエル運動に生きがいを感じているような輩が、ここぞとばかりに、出演者に嫌がらせなどすることがないよう、それだけが気がかりです。一極だけを見ることなく、また、こんな時だからこそ、芸術活動を通してメッセージを伝えようとしている人々がいることを、知ってもらいたいと願います。

イスラエル公演は、カメリ・シアターにて12月26日~1月5日(2013年)。もちろん、すでにチケットは購入済み、待ち遠しい限りの今日この頃です。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

蜷川 幸雄「トロイアの女たち」チケット情報

蜷川 幸雄氏演出「トロイアの女たち」は、東京芸術劇場にて、2012年12月11日(火)~20日(木)まで開演されます。チケットの発売開始は、2012年10月13日(土)。明細はこちら

劇団カメリと蜷川幸雄氏

夏時間となったイスラエル、そして、過ぎ越しの祭りペサハも来週にせまり、買い物ラッシュも始まった模様・・・どんだけ食べるんだよ、ってくらい買い込むイスラエル人。

さて、1月に日本・イスラエル外交60周年イベント最大の目玉である、蜷川 幸雄氏演出「トロイヤの女たち」が2012年12月に東京とイスラエルで公演されると発表がありました。もちろん、その日を楽しみにしている一人なのですが、先日、レゲヴの叔母さんのエスティから、出演が決定したという嬉しいニュースを受け取りました。

エスティに会った時「keiko聞いて!先日、エージェントから日本で演じてほしいと依頼を受けたばかりなのよ」と、とても興奮して話をしてくれたのが、ほぼ一年前。その時はまだどんな内容の演劇かも知らなかったのですが、まさか、これだったとは!発表までは極秘だったらしく、また、彼女もオーディションを受けたりと大変だったようです。

エスティは劇団カメリに在籍し、劇場、TVドラマ、CMなどで活躍しているベテラン女優です。彼女の旦那であるラミも有名なベテラン俳優。私がレゲヴの家族の一員となったときから、二人にはいつも温かい言葉と力をもらってきた、大好きな人達なのです。いつもは役者でない素の二人を見ているので、12月の公演で女優としてのエスティを見るのは初めてになります。まだ配役もわからないのですが、たとえどんな端役だったとしても、大きな花束を抱えて見に行きますよー。

東京・イスラエルの公演日程など、詳しい内容は追々お知らせしていきますね。また、イスラエル大使館文化部のインタビュー記事が面白かったので、リンクします。興味のある方は、是非!
http://www.performingarts.jp/J/pre_interview/1109/1.html

Midnight East 記事(英語)
http://www.midnighteast.com/mag/?p=17282
蜷川幸雄氏インタビュー 朝日新聞
http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-February/014611.html

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ