村上春樹の文藝春秋インタビューを読んで

haruki-murakami-nir-barkat-shimon-peres-2009-2-15-14-34-9

文藝春秋に載せられた村上春樹氏の「僕はなぜエルサレムに行ったのか」を読みました。Ynet に書かれた記事では、村上氏がインタビューでイスラエルを批判しているという角度で書かれてありましたが、こうしてインタビュー記事の全文を読んでみると、どうして「村上春樹 イスラエルを酷評」となってしまうのか、不思議でなりません。

イスラエル情勢の知識が多少あり、初めてイスラエルに来た日本人が見て、感じた、率直な気持ちを述べているインタビューであって、私にとっては、特別なイスラエル批判をしているようには読み取れませんでした。イスラエルのパレスチナ政策への批判や、ガザ空爆への批判の気持ちは、世界的に見ても、またイスラエルが好きな私としても、当然の意見です。もし、村上春樹氏が親イスラエルのような発言をしていたなら、そちらのほうが、私にとっては作家・村上春樹としての人格を疑ってしまいます。

インタビュー記事が紹介されたYnet では、村上氏の言う、イスラエル政府のパレスチナの隔離政策への反対や、ガザ空爆への批判の一部分だけがクローズアップされており、イスラエルの人々と出会って感じた、人々の割り切れない思いや、作家としての自分の役割を感じていたことや、日本人へパレスチナ問題に関心を持ってもらうために重要であったことなどは、省かれていたことが残念です。

「壁と卵」・・・まさにイスラエルは体制やシステムと個人の感情と心が交差する、非常に複雑な国です。本を読んで、ニュースを聞いているだけでは、この国の抱えている真の闇を理解することは難しく、遠く蚊帳の外の安全地帯にいる日本人が、どれほど正論を並べようとも、それは空論でしかありません。それでも、日本人に大きな影響力をもつ作家として、発言するチャンスを最大限生かして、日本人の眼をイスラエルに向けた村上春樹氏の行動は、やはり、イスラエルにいる日本人として感謝したい気持ち以外の何物でもありません。

ある方のブログに村上氏が、「もらわなくても構わないエルサレム賞を受け、行かなくても構わないエルサレムに出向き、しなくても構わないスピーチをして、敢えて波風を立てなくても構わない授賞式でわざわざ政治的に突っ込んだ発言をした、これが今回の一連の彼の行動」と書かれてあり、まさにその通りだと思いました。

Ynet の記事でイスラエル外務省がコメントしているように、村上氏にはこれを機に今後もイスラエルに来てもらって、一般的な見識だけでなく、より深く本当のイスラエルを知ってもらい、それを作品に生かしてもらえたら・・・と、今回の一連の件で村上春樹ファンになった私は思うのです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

村上春樹の「僕はなぜエルサレムに行ったのか」

村上春樹氏の独占インタビューが、文芸春秋の4月号に掲載されていることをYnet で知りました。村上氏が「なぜエルサレムに行ったのか」、知りたいところです。

Ynetの記事と、他の方のブログを読むには、随分と村上氏に葛藤があったことが伺え、本人も日本を発つときは孤立無援の気分だったといっているくらいですから、よほどの覚悟を持って受賞式に来たようです。インタビューを受ける時の固い表情が、今になって納得できます。それだけ村上氏にとっては、イスラエル批判も含め、受賞式でスピーチすることが作家として重要だと感じたのでしょう。そして、それは正しい行為だったと思います。

jer19_wa

抜粋した記事しか読むことは出来ませんが、村上氏がシモン・ペレス大統領の態度を残念に思ったようなことが書いてありました。

「スピーチ前には和やかに会話をしていたペレス大統領の顔が、スピーチが進むにつれて強張った表情になり、スタンディング・オベーションでもなかなか立ち上がろうとしなかった。しかし、エルサレム市長からは、小説家として実に誠実な意見だと絶賛され、握手を求められた」

ペレス大統領にとっては、明言はせずともイスラエル批判をたっぷりと含んでいるスピーチに、大手を振って賞賛することも出来ないでしょう。そうなることを覚悟の上でスピーチをしたのですから、村上氏が残念に思うこともないはずです。そして、村上氏の言うように、いろいろな考えをもったいろいろな人に出会えたことが収穫なのです。現に、Ynetで紹介された文芸春秋での村上氏のインタビュー記事に対しても賛否両論で、日本人は反ユダヤ主義なのかという人もいれば、村上氏が正しいという人もあり、いろいろです。

村上氏の言うように、この国は白か黒か、どちらが正しいか正しくないかということでは割り切れない国です。多くの局面が複雑に絡み合って、解けることが出来ません。イスラエルとパレスチナの報復合戦は永遠に続くジレンマであり、ここにいる人々は生きていくために、戦わなくてはなりません。それが、ショアーからくるユダヤ人にとってのトラウマであろうとも、これがイスラエルと言う国に住む人々の根本なのです。

インタビュー記事の全文を読みたいものですが、残念です。すでに読んだ方がインタビューの抜粋や意見を書いているので、参考にしてください。
僕はなぜエルサレムに行ったのか 村上春樹独占インタビューat文藝春秋 〔book review〕

村上春樹独占インタビュー「僕はなぜイスラエルに行ったのか」を読んで

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

村上春樹の壁と卵と架け橋

村上春樹氏のエルサレム賞授与でのスピーチは、武器や軍備を使う体制を批判した、まさにエルサレム賞の趣旨「社会における個人の自由の理念に貢献」する作家として、立派なスピーチだったと思います。体制を「壁」、人間を「卵」にたとえて、「壁」がどれほど正しいとしても、また「卵」がどれほど間違いだとしても、私はいつも「卵」の側に立つ、何が正しいかは、歴史が決めると語りました。

「壁」はガザ紛争でのイスラエル軍であり、ハマスであり、「卵」はパレスチナの人々であり、イスラエルの国民でもあり、村上氏のガザ紛争への反戦の意がこめられていました。エルサレム賞を受賞し、様々な議論の中で、こうしてイスラエルへ来て直接に語り掛けた氏の心意気に、作家として信じられるものがあると感じます。

スピーチでの「壁」と、報道陣へ語ったコメントの中の「架け橋」は、西岸に建設されたパレスチナとイスラエルを分かつ高く、強く、冷たい壁を連想させます。というのも、壁の建設の際に、シモン・ペレスが語った言葉とリンクするからです。

当時、イスラエル国内はパレスチナ過激派の自爆テロで、多くの市民が巻き添えになり死亡していました。自爆テロを阻止するために壁の建設が始まった時、唯一シモン・ペレスだけが「イスラエルとパレスチナの間には、壁ではなく、橋を架けねばならない」と断言したのです。そう断言したシモン・ペレスと、人間の尊厳を文学によって語り、文学による架け橋をコメントした村上春樹氏が、並んで座っている光景は、私にとっては非常に意味のあるものでした。

jer19_wa

今まで作家個人に興味を持つことはあまりなかったのですが、今回の受賞とスピーチで村上春樹という人物にとても興味が沸き、長い間読んでいなかった氏の作品を、ますます読み返したくなりました。村上春樹という日本の作家が賞を受賞し、イスラエルを訪れ、明確に作家としての意見を述べたことで、イスラエルでの Haruki ファンも増えることだと思います。ひとまずは、村上春樹氏、ご苦労さまでした。

NHK ニュース動画 http://www3.nhk.or.jp/news/k10014185071000.html

授賞式でのスピーチを訳した方のブログ http://d.hatena.ne.jp/nakamu1973/20090217

 

にほんブ��グ村 海外生活ブ��グ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

村上春樹のメッセージ

haruki_oa

村上春樹氏がエルサレム賞の授賞式に出席しました。シモン・ペレス大統領と並んで座っている村上氏を見た時は、イスラエルにいて日本人でよかったと思った瞬間でした。

以下、村上春樹氏の言葉です。
「私にはメッセージがあります。私は大変たくさんの読者がイスラエルにいることを知り、この素晴らしいブックフェアを通して、あなた達と会話をすることが重要だと思っていました。イスラエルの本屋で自分の本を見るのは驚きであり、そして非常にうれしいことです。これは、私達の言語と市民性は違えども小説は似ていることを証明し、文学の力となります。小説は私達をつなぐ架け橋です。この魔法がどのように私達に働くのかはわかりません。私は小説を書くのが好きです。おそらく深い小説が、私達をつなぐ架け橋になると思うのです。」

村上氏のメッセージは、「簡単だけれども理解するのは難しい」・・・まさに村上氏の小説を読むような思いです。ガザ紛争や政治的背景を理由に、受賞を辞退しろなどと騒がれ、話題にもなっていましたが、受賞式の今日まで沈黙を通してきて、こうして素晴らしいメッセージをイスラエルまで来て語ってくれました。村上氏の言葉を借りれば、イスラエルとパレスチナにも文学の交流によって、魔法の架け橋が架かるのも夢ではないかもしれません。

ちなみに、記者にランニングはしたかと聞かれて、「時差ぼけがひどくてしていません」と、眠たそうな顔で答えていました。

 (追記:上記の言葉は報道陣に語った村上氏のコメントです。受賞式でのスピーチではありません。)

にほんブ��グ村 海外生活ブ��グ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

村上春樹とイスラエル

村上春樹氏がイスラエルで最高の文学賞であるエルサレム賞を受賞したことが、日本でも話題になっているのは非常にうれしいことです。たまたまガザ紛争の時に受賞が発表されたので、変な方向で話題を摩り替えている人たちもいるようですが(このことについては そんなテルアビブさんの記事 に詳しくあります)、村上春樹氏の作品がイスラエルでもたくさんの人に読まれており、多くのファンがいて、村上氏の功績を讃えたい、というエルサレム文学賞の受賞を、日本人として素直に喜ぶだけです。

そこで、どれほど村上春樹氏の作品がイスラエルで好まれているのか調べて見ました。「海辺のカフカ」を読んでネットにコメントをのせた108人のうち、最高に面白いと答えた人が90%、つまらないと答えた人が10%でした。読者層は10代から50代以上と幅広いですが、20代後半から30代の人が70%を占めています。コメントには「素晴らしい本・最高・感動した、魔法の一冊」などとかかれており、村上春樹ファンを印象付けるものでした。

mor_hh
(受賞後に発売された4話の短編集。スパゲッティの話があります。)

また、「インドへ持っていく5冊の本」という特集(2007)にも、「ノルウェイの森」が<ブルーな気分>というカテゴリーで入っており、「読むときは、活動的な仲間と一緒で決して1人ではなく、仲間がうるさいくらいのほうが良いでしょう。なぜなら、この本は完璧にあなたの心を憂鬱にし、哲学的な思いにふけってしまうからです。ヒマラヤの大自然の中で、生きることの本質を感じてしまう、最高の一冊です」と、おかしくて、それでいて的確な紹介がされていました。

エルサレム国際ブックフェア の初日2月15日に受賞式が行われます。政治的背景なく、イスラエルにいる日本人として、そしてイスラエルのHaruki Murakami ファンのためにも、是非、村上氏には授賞式に出席してほしいと希望します。

にほんブ��グ村 海外生活ブ��グ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

村上春樹 エルサレム文学賞

loadjpg  loadjpg1
      「ノルウェイの森」            「海辺のカフカ」

 

村上春樹氏が、2009年のエルサレム文学賞に選ばれ、2月15日の授賞式に出ることになりました。エルサレム文学賞は1963年から始まり、過去の受賞者はバートランド・ラッセルスーザン・ソンタグアーサー・ミラー などの作家が受賞しています。

イスラエルでも村上春樹氏の人気は高く、これでますますファンは増えることでしょう。私もかつては彼の作品を読み漁っていましたが、いつの頃からかやめてしまい、今では読んだ作品の内容も覚えていないほどなどで、これを機にヘブライ語で読んでみるのも良いかもしれません。日本の作家が賞賛されるのは、うれしいものです。

 

にほんブ��グ村 海外生活ブ��グ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。