ユダヤ新年2014

IMG_2151

イスラエルは、ユダヤ歴の新年を迎えました。

一か月以上続いた夏の紛争は、夏の終わりとともに、跡形もなく消え去り、ジョークのネタくらいにしかならなくなりました。いつものことならが、この国の人々の割り切り方には感動すら覚えます。

IMG_2169

さて、今年のユダヤ新年は、週末と連結してGW並の大型連休となりました。私はもちろん、北の果て、第二の故郷、キブツ・ハニタのレゲヴ家にて、身も心もおなか一杯になるまで満喫です。天候も涼しく穏やかな、秋の気配を感じる北の果てで、美味しいものを食べ、ワインを飲み、家族に囲まれ、子供たちに絡まれ?久々に平和な時間を過ごしてきました。というのも、この夏は、転職で私的には大きな変化があり、気が休まる暇が全くなかったのです。(紛争は一切関係なしです)

IMG_2156   IMG_2161

あまり頻繁には顔を出さないので、レゲヴの小さな甥っ子たちが、私が到着したとたんに「keiko、僕と一緒にこっち来て」と、小さな手で私の指をつかまれると、照れくさいやら、驚くやらで、子慣れしていない叔母さんは、どう扱っていいものかわからずに、動揺してしまうのです。まぁ、言葉がよく話せない小さな子には、keikoブームはよくあるので、ブームが過ぎれば見向きもされないのはわかっているのですが、やはり、こういう扱いを受けると、胸キュンですよ。

帰りも、私を返したくないと、サンダルを脱がせようとしたり、いかないで~と泣かれたりすれば、悪い気はしませんね。本当に、たまにしか顔を見せない私なのに、子供たちへ私を認識させてくれているレゲヴの家族には、心から感謝です。

IMG_2174 IMG_2153

第二の故郷であるキブツ・ハニタで、愛情をたっぷりをもらい、前職場での傷んだ心を癒してもらい、病んだ精神も回復です。さぁ、ラジオ体操の歌を歌いながらジョギングして、心身共に健全な、良いユダヤの新年とするかな・・・と思う、ユダヤ新年の今日この頃。

「新しい朝が来た  希望の朝だ 喜びに胸を開け  大空あおげ」

IMG_2183

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

5772年目の新年

イスラエルの新年も無事あけました。久々に故郷キブツ・ハニタへ帰省し、愛犬タマと一緒にキブツの自然と家族愛を堪能した日々を過ごしてきましたが、さすがに二泊もすると、にぎやかさもお腹いっぱいとなって、静かな都会生活?が恋しくなってしまいました。

さて、こちらは我等ポラート家の新年の様子。かつては、キブツのダイニングルームで、キブツ住人みんな(300人ほど)でお祝いをしていましたが、改革後はダイニングでのイベントもなくなり、各家庭でのお祝い風景となっています。(iPodにて撮影)

 

食事はレゲヴの両親の得意とするパプリカのマリネ、ズッキーニのサラダ、なすのサラダ・ルーマニア風など、食べきれないほどの各種サラダと、各自の持ち込み料理がテーブルいっぱいに並びます。そして長老レゲヴのおじいさんの言葉から始まり、新年を喜ぶ言葉・歌など、キブツらしく15分ほどの簡単な祝いの儀式の後、食事を深夜まで楽しみました。

キブツに住んでいた頃は、毎週末の安息日、各祭日の親族集会、その他親族集会、etc・・・「こんなに親族で集まってばかりいてよく飽きないな・・・」とうんざりしたものですが、遠く離れて祭日にしか会えない状況になると、これも結構楽しくて、いいものです。そして何よりも、いつでも笑顔いっぱいに無償の愛情で私を受け入れてくれるレゲヴの家族に、感謝せずにはいられないのです。

ユダヤ暦での一年を振り返れば、良くも悪くもhibino一色の一年であり、レゲヴのことを考えるよりも多くの時間を、経営者にムカつくことに費やしたかも知れません。経営者に「出会ったころの君は、こんな人間じゃなかった」と言わせるほど、私自身も良くも悪くも変化した年でした。でも、感謝することは、あの大震災が起こったこの時に、日本の役に少しでも立つ仕事をしていること、経営者がそのチャンスをくれたことということです。来年は、イスラエルと日本の交流60年にあたり、各種行事も盛んになるようなので、日本のために、イスラエルのために、少なからず尽力できればと思っています。

私とっての新年は、やはり元旦。ユダヤ暦の新年は祭日ばんざい!くらいの気持ちしかありませんが、とりあえず新年を迎え、この国が少しでも良い方向へ向かってくれることを願い、Gilad Shalitが今年こそ戻ってくることを願うばかりです。

最後に、レゲヴと甥っ子オフィールの蜜時?ショット・・・再び不妊治療を始めるべき?来年40だし、どうする私?と悩む新年の抱負(消沈)

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

63年目の独立記念日

  

今年の独立記念日の夜は、初のキブツ以外、それもなんと都会?で時間を過ごしました。

どういうこと?と思われるでしょうが、キブツ生まれのレゲヴにとって、この日をキブツ以外の場所で過ごすなんて考えられないことであって、36年間、この日にキブツに集まってくる仲間や、当然のごとく家族と過ごしていたのです。しかし、今年は違います。キブツを離れて初の独立記念日。私も仕事、レゲヴも仕事だったので、まぁ、のんびりと都会の夜を過ごしましょ、ということになったのでした。

となれば、もちろん目指すは我らが大和屋さん。独立記念日特別価格で、寿司食べ放題・飲み放題という大サービスとなれば、地元民としては行かないわけにはいきません。「もうこの夜を待てません!」とばかりに一番乗りで入店し、初めの一杯を「Yebisu」でスタート。ちなみに、Yebisuは飲み放題には含まれていなかったのですが、「絶対、Yebisu!」というレゲヴのこだわりに応え、追加料金で注文しました。

もちろん気分は「あぁ、都会」ってなものです。DJとパブと知らない人々・・・居心地いい~。その後パークで打ち上げ花火を見るはずでしたが、レゲヴも私も飲みすぎてしまい、花火の音を、遠くかすかにベッドの中で聞いた記憶しか残っていませんでした。

    

そして一夜明け、二日酔いでふらふらしながらも、恒例の寿司を作り、レゲヴ家一族のBBQのため、北部へゴー。毎年、この日の私の寿司を楽しみにしている人も多く、あっという間に20本の寿司が無くなってしまいました。「keikoの寿司を食べると、他の店の寿司を食べることができなくなる」というお褒めの言葉をもらって、今年も任務完了です。

いつもなら最後の片付けまでいるのですが、今年は渋滞になるから・・・という素晴らしい理由で、留守番をしているタマへのご馳走をしこたま集めて(食べ残し肉)早目に帰宅できたのでした。バケツ3個分のフライド・ポテトを汗だくで作ったレゲヴも、甥っ子のオフィールに絡まれて満足だったようです。

それにしてもこの食肉祭、ベジタリアンにとっては、寿司とフライドポテトだけでOKだな・・・

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

ほのぼの結婚式

    

ルルルーに引き続き、昨日はレゲヴの一番年下の弟が、めでたく結婚式を挙げました。先に結婚した兄貴に触発されたのか、若いカップルの突然の結婚宣言に「できちゃった?」疑惑も浮上しましたが、若いながらにしっかり者の二人に、そんな心配は無用でした。

花嫁さんと弟の出会いは兵役後の双方単身旅行中の南アメリカ。意気投合して一緒に一年近く旅をし、帰ってきたときにはもう家族のように馴染んでいたのを思い出します。まぁ、それもそのはず、彼女の出身はガザ近くのキブツで、場所は違えど、キブツ出身といえば、ツーといえばカーの関係なのですよ。

なので、結婚すると突然言い出しても、両家気心の知れたキブツ者同士ということで、パーティも音楽も招待客も一切無しの質素婚に、家族一同、大満足の結婚式となったのでした。

両家の家族だけが集まり、レゲヴの両親の家にセッティングされた、ささやかな飲み物と気取らない花々。皆、リラックスムードで、和気藹々と団欒し、ラバイが到着するのを待ちます。そしてラバイの到着と同時にフパァでの式が始まり、若いカップルの新しい門出を祝いました。音楽も、ダンスも、誰だかわからない遠い親戚に愛想笑いすることもなく、質素で何一つ特別なことをせず、でも、それだからこそ、その場にいる全ての人の気持ちが一つになって、心から喜びを共有し合う、心温まる、今までで一番素敵な結婚式でした。

そして式の後は、花嫁さんがバイトをしていたキブツ・カブリにあるレストランで、おいしい食事とおいしいワインをたっぷりと堪能させてもらいました。

これで、レゲヴを含め姉弟5人全ての結婚式が終了です。思えば、8年前の私とレゲヴのサイプラス結婚から始まり、2番目の弟のできちゃった婚、姉の晩婚、最後は若い弟二人が同時期に、それぞれにあった形での結婚式を挙げ、レゲヴの両親もほっとした気持ちなのではないでしょうか。

それにしても、良い結婚式は写真を見ても、本当に皆が良い顔をしています。キブツの人々とキブツが大好きな私には、このアットホームで心温まるキブツ・スタイルな雰囲気に、なんだかたまらなく嬉しくて、何度も泣けてきてしまいました。やっぱり、キブツは良いです。

(おまけ)
暇をもてあますレゲヴと甥っ子オフィールの戯れショット。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

ルルルルーな結婚式

イスラエルは世界中から集まったユダヤ人の国。様々な民族が集り、成り立っている国。その民族を大まかに出身地域で分けると、アシュケナジー(ヨーロッパ系)とスファラディー(アラブ・中東系)と呼ばれ、またスファラディーを細分すると、モロカイと呼ばれるモロッコ出身者たちがいる。それぞれの民族が、出身地の文化・習慣を保ちながら、四国ほどの面積しかない小さな国の中で、お互いを尊重しあって??暮らしているのが、イスラエルなのです。

さて、ここからが本題・・・レゲヴのおばあちゃんは建国以前のイスラエルで生まれた土地っ子、おじいちゃんは戦時のヨーロッパから移民というまごうことなきアシュケナジー一家。派手な中東・アラブ系の慣わしや中東音楽とは一切関係のない生活を営んでいる家族。ナオミ・シェメルの歌をこよなく愛し、古き良き時代の音楽を愛す、物静かな人々。そこで問題です。そんなアシュケナジー一族の一人がモロッコ系の花嫁をもらうとどんな結婚式になるでしょうか?

正解: ルルルルルルルルル~・・・・・です。(モロッコ系の人々が喜びを表現して舌を鳴らす音)
先日、レゲヴの弟の結婚式が行われ、一族初のモロカイとの結婚式が決行されたのでした。いや、マジで、モロカイパワー炸裂、予想以上の双方一族の色の違いに、目が点・・・正直、ヨーロッパ系のアシュケナジーといるほうが性に合っているので、アラブ色の強いモロカイ一族の個性には驚きを超えて、笑いしか出てきませんでしたね。

花嫁さんとは以前から面識があるので、「弟よ、よくやった」と褒めたくなるほどの素敵な女性です。でも、結婚すると聞いた時から、「ルルルルーだね。」「ルルルルーだよ。」と、モロカイの嵐が吹き荒れることをレゲヴ一族全員が覚悟したのでした。まぁ、結婚式の主役はなんと言っても花嫁さんですし、花嫁さん一族が盛り上がるのは当然の成り行きです。しかし幸運にも、花嫁さん自身の好みがアシュケナジー路線ということもあり、幾分緩和された結婚式となったのは、なんとも救いでした。

    
20年代のアンティークドレス     ユダヤの結婚式フパァ&コップ踏み

続きを読む

「あけおめ」イスラエル5771

今年の新年は早い!早すぎる。 いつもより一ヶ月ほど早い。先日長い夏休みが終わって、新学期が始まったばかりだというのに、祭日休み目白押しの9月です。子供のいる家庭はご苦労さまだな・・・などと、勝手ながら想像しています。

という我が家は、怒涛の引越しから一ヶ月がたち、今年の異常な暑さとなれない都会の喧騒にもまれながら、なんとか新年を無事に迎えることができました。もちろん、心の故郷キブツで新年を過ごすのですが、このブログを書いている今は、帰省の渋滞を避けるため自宅待機中です。タマも引越し後始めてキブツに戻るので、久々に自然の中でのびのびと散歩ができるはずです。

ここ最近の更新が引越しネタばかりで申し訳けないですが、とりあえずこれが今の私の生活の中心になっているので、お付き合いください。

ともあれ、新学期の始まりに続き、新年の祭日とあって、連日の渋滞にはびっくりですわ。通勤に普段ならバスで45分のところ(車なら30分)、ここ数日は2時間かかっています(涙)。マジでバスを担いで走ってしまいたいほどです。テルアビブの渋滞は言わずと知れたことですが、それが自分にふりかかってくるとなると、都会に引越ししたことを呪ってしまいますね。これも、慣れなければならない都会の事情ですが、ホント、勘弁してほしいです。

さて、ユダヤ歴の新年を迎えるにあたって、過ぎてしまった一年を振り返っても何も面白くないので、これから始まる一年に、たくさんの希望と期待と夢を託したいと思います。個人的には、今かかわっている仕事が本格的にスタートし、成功することを願い、そのために尽力する年になります。新しい土地での生活、新しい職場と仕事、たくさんの出会い・・・良くも悪くも平穏なキブツ生活とは程遠い毎日になるはずなので、気力も元気も蓄えておかないといけません。

そして、イスラエル的には、何よりもGilad Shalit が戻ってきてくれることです。あの大行進後、Gilad の両親 Noam と Abiba はエルサレムでテント生活を続け、新年を祝うこともなく、ジッと息子Gilad を取り戻すために耐えています。彼らに一日も早く、息子と過ごす平穏な日々が戻ってくることを願わずにはいられません。

時間だけは一足早く冬になりますが、まだまだ暑さ厳しいイスラエル・・・ともあれ、りんごとハチミツで甘い年となることを祈りましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。

ショアーの日

ショアーという言葉を知らない人も多いと思う。ショアー(השואה)とはヘブライ語で「滅び」を意味し、ナチスのユダヤ人大量殺戮のことを言う。ホロコーストと言えばわかる人も多いだろう。1月27日は国連の定めたホロコーストの日となっているけれど、イスラエルでは「ショアーの日」として、独立記念日前日の戦没者追悼の日の一週間前に追悼の式典が行われる。

この日はクロード・ライズマンの映画「ショアー」を見ることにしている。長い映画なので毎年少しづつ見ている。そして、毎年思うことは、何千年にも及ぶユダヤ人をとりまく歴史はなんて過酷で、そして、ユダヤ人は、人々の言葉にはあらわすことのできない人間の負の感情のはけ口となってきたのだろう、ということ。

日本でも戦争を語ることができる体験者が少なくなっているように、イスラエルでもショアーを語ることができる人は年々少なくなっている。イスラエルと言う国が、どうして建国されたのかを知るには、ショアーを知らなくてはならない、そして、後世に語り伝えていかなければならない。しかし、先日の夕方からショアーの追悼が始まる中、公園でBBQをしてお祭りのように騒ぐ、常識を知らない若いユダヤ教徒がいることも報道されている。イスラエルに移住してきているユダヤ教徒の中には、ホロコーストを経験していないアラブ諸国系(ミズラヒィ)もいるが、イスラエルにいる以上、ショアーについて知らなければいけないし、知る義務を負っていると思う。

そして、同じことは日本でもいえるのではないかと感じる。「広島・長崎」はもちろんのこと、戦争のこと、日本軍の戦争での行為、徴兵された人々のことなど、多くのことを知り、語り伝えていかなければいけないと思う。私は小学生の時、先生が教室においていた本を手にとって読んで、衝撃を受けたことがある。日本軍の731部隊について書かれたその本は、今思えば森村誠一の「悪魔の飽食」だったと思う。もちろん小学生の私が全てを読めるはずもなく、ただ、731部隊という人体実験をする部隊が日本にはあったということが、強く頭に刻まれたように思う。それがいいのか悪いのかは別として、それ以来、戦争について知ることに興味を持ったのも事実だ。毎年の読書感想文では、原爆の本を一冊は読んで感想文を書き、「わだつみのこえ」を読み、戦争を体験していない私達は、こうして戦争とは何かを知っていくことが大切だと感じるようになった。

レゲヴのおじいさんは、両親をショアーによってなくしている。それを語るおじいさんも、語らせることも辛いことではあるが、伝えていかねばならないと思う。こうしてイスラエルで生活している以上、私もショアーについて、ユダヤ人とそれを取り巻く歴史について知るべきだと思う。聞いた話だが、イスラエルに長期滞在を目的で来る若い日本人で、ユダヤ人のことも、ホロコーストのことも、どうしてイスラエルが建国されたのかも、ナチスという言葉すらわからない若者がいるという。遠い異国の歴史ではあるが、日本を一歩でたならば、日本人として知らずに恥をかくことがない程度の知識と教養は必要だろう。

ショアーによって亡くなった人々を追悼するサイレンと共に、二度と同じ悲劇が繰り返されないことを祈りたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ ← ランキングに参加しています。押してもらえるとうれしいです。