ヴィーガン快進撃

vflogoSm  ←これぞ、イスラエルのヴィーガンマーク

アーモンドの花が咲き、真っ赤なアネモネの絨毯ができ、緑が目に美しい冬も終わりに近づいたイスラエルです。

レゲヴがヴィーガン宣言をしたのが、2013年夏。それに呼応するようにイスラエルのヴィーガン・ビジネスは快進撃を見せています。

イスラエルでのヴィーガンブームの始まりは、欧米同様に、PETAの動物に対する権利活動の活発化、イスラエルメディアでの紹介、書籍、有名人、政治家による広報活動の影響に加え、有機栽培食品、グルテンフリー、アンチミルク等の健康食ブームが定着していたことがあげられます。

また、ユダヤ教の食の戒律であるコシェルが、乳製品を一切使わないヴィーガン食を受け入れやすくしていることも考えられます。これは、肉と乳製品を一緒に食さないというもので、すでにイスラエルではコシェル用としてミルクを使用していないチョコレートや、ケーキ、チーズなどが存在していました。

もともと、乳製品OKのベジタリアンであったレゲヴは、チョコレートもチーズも大好物でしたが、ヴィーガン宣言をしてからは、もちろん、高級チョコもチーズも食せません。でも、やっぱり、サンドイッチにもパスタにもチーズは必要だし、チョコレートも美味しいケーキも食べたいのです。2013年は、まだ選ぶ余地もないほどのヴィーガン・チーズしかなく、それも激マズでしたが、今ではスーパーで一角のすべてにヴィーガンコーナーができるほど種類が豊富になりました。そして、十分に美味しくなってきています。

ベジタリアン御用達である、イスラエルが誇る冷凍食品Tivallは、すべての商品に卵を使用していましたが、このヴィーガンブームによって「Vegan Friendly」の商品を次々と販売しています。そして、美味い!

Tivall.vegan

かつては申し訳なさそうにスーパーで埃をかぶっていた豆乳食品のAlproは、ドヤ顔でコーナーを仕切るようになりました。

Soya-original-1L4_316x618

ドミノピザも世界に先駆け、ヴィーガンピザを販売し、カフェもヴィーガンサンドを提供し、ヴィーガンレストランもこの一年で非常に増えました。今では、ヴィーガンメニューがないレストランのほうが、おかしいのでは?と思えるほどのヴィーガン勢力です。

Vega ←これがベスト(ココナッツミルク)。

現在イスラエルでは人口の6%がベジタリアンと言われており、ヴィーガン・ビジネスの中心はテルアビブです。これがただのブームで終了するのかどうかはわかりませんが、一度ヴィーガンやベジタリアンになって、それを数年続けることができると、よほどのことがない限り(健康上の問題など)、肉食に戻ることはないと思います。

私個人としては、過激な活動や、肉を食することを悪とするような過激な論争は、如何なものかと考えますが、動物に痛みを与えること(動物実験)や、無駄な食用、快楽のためだけに殺害(狩り・食用飼育)することが本当に必要なのかは、人間が考え続けなければならない課題だと思っています。

ちなみに、動物実験をしていない商品は、このマークのいずれかが表示されています。

Capture

そんな、レげヴのようには完全ヴィーガンにはなり切れない、臨機応変ベジタリンな今日この頃です。

日本の「(命を)いただきます」の精神を大切にしたいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

広告

イスラエル・ヴィーガン事情

レゲヴがヴィーガン(完全菜食主義者)宣言をしてから3か月。もともと卵・乳製品はOKのラクト・オボ・ベジタリアン夫婦だったので、食生活に劇的変化があったわけではありません。しかし、私たちにとっては唯一の贅沢食だった週末の良質チーズ食べ放題や、チーズたっぷりのパスタやオムライスが食卓から消えるというのは、なんとも寂しいものです。

まぁ、レげヴはもともとヴィーガン思考が強かった(皮製品NG)ので、とうとうその日が来たかという具合ですが、私は今まで通りのベジ道を行き、レゲヴの倫理を尊重した食生活を心がける日々を送っております。

となると、外食も当然ヴィーガン・レストラン。それが、今まで気が付きませんでしたが、いろいろ検索してみると、ここ最近のイスラエル(都会限定)では、ヴィーガンのためのレストラン、ピザ屋などが増えてきており、「ヴィーガンはじめした」がブームらしいのです。牛乳が危ないとか、グルテンフリーなど、昨今の健康食ブームの影響なのでしょうか?

そこで、イスラエルのおすすめヴィーガン・レストランの紹介。

まずはテルアビブのヴィーガン・レストランで注目度NO1の「Zakaim」。
1398497_452409734876673_552159661_o 970469_385464644904516_490663851_n
一年前にオープンしたイラン料理のヴィーガン・レストラン。辛口批評の食レポ有名人曰く「見た目にセンスはないが、味は良し。しかし、ベジでなければ行く必要なし。」・・・非常に当たってます。しかし、ベジの私でもそんなに行かなくていいかな・・と思う、いわゆる典型的なイスラエルの味(タヒーナと香辛料使いまくりの中東の味)。画像にあるポテトは美味かった!

お次は、私たちには馴染みの店「Ludens」。

1384123_534703959954067_1436180769_n
ベジタリアン・バーガーで有名な「Buddha Burgers」のRanana店。
画像の4種の野菜ボールを食べたいが為に、毎回通ってます。看板商品のブダ・バーガーも美味いです。

そしてヴィーガン・ピザと言えば「La Locca」。

IMG_1171
普通のピザとヴィーガン用の両方が注文でき、味も店長さんも音楽もすべてにおいて満足のピザ屋さん。ヴィーガン用には豆乳チーズや豆腐サラミなど使用。ちなみに生地はイタリア風薄生地。

ともあれ、これらは本当にベジタリアン限定で、美味しいものを食べたい人にはおススメしませんよ。今後予定にしているのは、インド料理屋、有名シェフの店、週末だけのヴィーガン・バーガー専門店などなど・・でも、ヴィーガン店を食べ比べての結論は、

「レげヴの母ちゃんと、自分が作るベジ食が、一番うまい!」

最高のヴィーガン・レストランに出会ってみたい・・・今日この頃です。

マックス ブレナー日本上陸決定

549260-max-brenner-chocolates images

チョコレート好きな方に朗報です。アメリカ、オーストラリアでも人気のチョコレートカフェ「Max Brenner」の日本上陸が決定しました。素晴らしいですね~。三越などではすでに一部の商品が売られていますが、今回は、丸ごとゴソっとカフェがオープンです。飲むチョコレートから食べるチョコレートまで、とにかく甘~いカフェ。

このマックス ブレナー日本上陸を担ったのが、おしゃれカフェの展開で有名なトランジットの中村社長。私の仕事場 hibino のすぐ隣のホテルに滞在していた中村社長と垂水副社長がhibinoを訪れた時は、イスラエルの最大食品企業シュトラウスのアディ社長の招待でホテルに滞在していると聞き、只者ではないこの二人はいったい誰なんだ?と思いましたが、もちろん知る由もなく、数日後に、中村社長のイスラエル満喫ツイートを偶然見つけてびっくり。

そして、食品だけでなく、ホテルなども経営しているシュトラウスグループが、日本一のおしゃれカフェを展開しているトランジットと契約を締結し、USAやオーストラリアで成功しているマックス ブレナーを、日本へ上陸させるとなれば、納得です。寒さを感じる頃、甘~くて温かい飲み物がほしくなる頃、日本のマックスブレナー1号店に行列ができるのは、もう明白ですね。

私も、仕事場のすぐ近くロスチャイルド通りにマックス ブレナーのカフェがあるので、冬場には疲れた体を癒すためにホットチョコします。そして、日本行には必ずお土産として、チョコレートを大量購入してます。また、hibinoを訪れる日本からの旅行者や出張しているビジネスマンにも、お土産としておススメしています。辛党の私でも美味しいと思うチョコレートがマックス ブレナーです。

ともあれ、SabonLalineに引き続き、今回のマックス ブレナーの日本上陸。イスラエル企業のおススメできる商品の進出と成功は、私にとっても嬉しい限り。マックス ブレナーは年内オープン予定なので、みなさん、楽しみにお待ちくださいね。

130629_transit_001

WWD Japan : http://www.wwdjapan.com/life/2013/06/29/00005316.html

Transit : http://www.transit-web.com/works/

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

2011最後の残念

大晦日が週末になったので、のんびり2011年最後のまとめをしながら、飲んだくれています。昨晩は一日早く恒例の大晦日寿司を作り、レゲヴの買ってきてくれた金箔入りの一升瓶で締めくくる予定でしたが、とても残念な結果になってしまいました。いや、寿司は(見てくれはともかく)おいしかったですよ。ただ、一升瓶が・・・酢に変化してました(泣)

イスラエルで日本酒を買うときに注意していることは、日本製であるもの(新潟の酒じゃなきゃダメなんて野暮は言いません)、そして製造年。数日前レゲヴに「日本酒が無い大晦日なんて、考えられない!」と、ちょっと愚痴ってみたら、レゲヴがサプライズをかねて私に買ってきてくれたのです。立派な箱入りそれも金箔入りの日本酒一升瓶。レゲヴも製造年は十分チェックしてきたというので、昨夜のディナーに早速あけて、取って置きのクリスタルのグラスに注いだところ・・・黄色!?日本酒が黄色いって何!案の定、味も香りも最悪でした。

製造年月と書いてあるところを見ると「05 . 11」って、2005年11月じゃん。もちろんレゲヴは2011年05月と思ったのは間違いありません。だって日本語読めないもん、だってイスラエルでは年度が最後だもん。子供のころから〆張鶴のたまご酒で風邪を治し、新潟の酒で晩酌、ワインの良し悪しはわからないが酒の味なら任せろ!の私にとって、黄色い酒は許せませんわ。でも、最高の大晦日を演出しようと、結構な値段をだして購入したサプライズが大失敗したレゲヴの落ち込む様子をみて、さすがに気の毒で、金箔入り料理酒として使うから大丈夫とフォローしましたが、フォローになってなかったようです(苦笑)

と、まぁ、そんな続きで、レゲヴのアイドル細川たかしを聞きながら、朝からシャンパンを開けてのんびり・まったり過ごしている安息日の大晦日です。2011年は思い返さずとも、大震災への気持ちしかなかった年でした。イスラエルで日本のため、被災した人々のためにできること、それは2012年も引き続くテーマです。ほら、細川たかしも歌っています「この青い空には 希望があるから ゆっくり歩いていけばいい」と・・・

ともあれ、前進あるのみ、龍のごとく強く、賢く、上昇する良い年にしましょう。日本がんばろう!

みなさん、2012年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

イスラエル・スイーツ

12月も気がつけばもう中盤、そして世の中はクリスマスムード全開のはず・・・がしかし、ここがキリスト様の生誕の地、聖なる地であろうと、ユダヤの国イスラエルである限りは、局地的には祝えども、クリスマスをかけらほどにしか感じない3大宗教の聖地イスラエルなのであります。まぁ、今年はユダヤの光の祭日ハヌカがクリスマスとかぶるので、クリスマスを祝いたい人も、ハヌカを祝うユダヤ人も皆一緒にお祝いしちゃえばいいじゃん、ってな感じですね。

そして、ハヌカとえばスブガニヤ(ドーナツ)。ここ数年のスブガニヤは小ぶりでファンシーなものが流行していますが、今年の話題はなんといっても「チェイサー・スブガニヤ」。チェイサーとはリキュール入りのスポイトで、リキュールをスブガニヤに注入するって奴です。そんな楽しそうなもの、新し物好きのレゲヴが見逃すはずがありません。ちょうどご近所に有名店「ROLADIN」の店舗ができたので、昨日購入してみました。

購入したのは真っ赤なスポイトがぶっささっている白い奴。ワクワクドキドキでリキュールを注入し実食・・・んー、ただのジャムじゃね!?飲ん平の私達はもう少しパンチの効いたリキュール味を期待しましたが、やはりあくまでもファンシー止まりの話題性だけ、って感じでした。それでも、中に入っているクリームとリキュールが相まって、それなりにおいしかったですよ。

通常のスブガニヤは大きくて、中にジャムが入っているだけで、お世辞にもおいしいドーナツとは言えない代物です。それが数年前から、ファンシーに彩りされたスブガニヤが売られるようになり、その魁が「ROLADIN」なのです。ファンシーでおいしい分、大きさは通常の半分、そしてお値段は通常の2倍。ちなみにチェイサースブガニヤは9シェケル(185円)で、ドーナツ1個としてはちょっとお高いですよね~。まぁ、これも「量より質」がイスラエルでも受け入れられるようになったということでしょうか。

私はイスラエルの食文化(食文化があればの話ですが)は、「質」より「量」、「量」さえあれば見た目も味も2の次3の次、だと思っていました。それは、レストランやケーキ屋へ行くたびに失望することから始まり、食に関しては一切期待してはいけないと実感してきたからです。今でも基本はそのままですが、ど田舎から出てイスラエルの都会テルアビブ近郊で生活するようになり、有名シェフや様々なカフェに通うようになって、「質」を大切に考えている人達がいて、そしてイスラエルでは数少ない「質を支持する人々」がいるということを知ったのです。

その「質」の中でも、是非おススメしたいケーキ屋さんが「Reviva and Silia」です。

  

Revivaはフランスで修行し、彼女のスイーツはイスラエルで1番と評判の老舗です。先日、友人に誘われてブランチをしてきましたが、まさに「質」と「サービス」の両方で満足のいく食事を楽しみ、そして、何よりもスイーツの美しさにやられました。イスラエルで初めて、日本のケーキ屋さんに劣らない美しいスイーツの発見です!マカロンもチョコもクッキーも、全て納得のいく味と美しさ。ここのスイーツを知ってからは、グンッとイスラエル・スイーツのハードルが上がってしまいましたよ。スイーツだけでなく、カフェメニューもとてもおいしくて毎日満席なので、週末は予約していくことをお勧めします。

ど田舎のキブツを出てからというもの、毎週末スイーツ三昧。手軽においしいものが手に入るテルアビブ近郊生活も、良し悪しですわ・・・もうキブツに帰れないかも(汗)

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

大和屋の牛丼・カレーナイト

 

先週、我らが大和屋さんの試食会に、ご近所のよしみで御呼ばれしてきちゃいました。

内輪の会だと勝手に思い込み、ご近所さん仕度で到着すると、なにやらドレス姿の人だかり!「コレは、もしや、やっちゃった?!」とレゲヴと恐る恐る店内に入ると、なんと、TVカメラまで!それもどうやら日本のTV局っぽい。とりあえず、状況判断するためにサービスの飲み物をもらって一息つくと、大和屋のあやさん登場。「なんか、大げさになっちゃて、ごめんねー、ははははは」と豪快に笑っているあやさん。いやぁ、毎度の事ながら、あやさんの男気に惚れます。

さて、あやさんの挨拶も終了し、いよいよ試食会の始まりです。今回は、ウマイ・安い・早いでおなじみ牛丼と、家庭料理の大様カレーライス。私たちベジタリアンには牛丼の代わりに中華丼です。

中華丼は、野菜をミックスした卵焼きに甘酸っぱいあんがかかって、食欲をそそるおいしい一品。そして、カレーライスには、熱々の揚げたてゆで卵フライがのっかり、お好みでブロッコリーとなすの揚げ物をトッピングできます。どちらも創意工夫のあるイスラエル流ともいえるおいしさです。ちなみに肉派の人には、カツフライとソーセージがトッピングされたようです。

日本人客が私だけだったので、TV東京さんにも何度かインタビューされ「おいしいです!」しか言えない私の乏しい語彙の代わりに、レゲヴが「Yamatoya No.1 ! This is the Japanese home taste!」なんて張り切ってインタビュー受けてましたよ(笑)

おいしいものをたくさんご馳走になり、梅酒カクテルをたっぷりと飲んで、ご近所万歳!大和屋サイコー!のひと時を過ごし、徒歩5分で大和屋さんに通えるって、素晴らしい!と感動しながらの就寝となりました。

あやさん曰く、ベジタリアン仕様も増やしていくそうなので、今後の大和屋からますます目が離せません。

※上の写真は大和屋さんのフェイスブックからお借りしました。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.306525706041924.92779.100000534921812&type=1

にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ

有名シェフの店

 

Pronto Ristorante Italiano-Shef Rafi Adar

イスラエルで本格イタリアンの美味いレストランをお探しなら、Pronto 以外にはありません!長年「アルデンテを知らない国民」とうんざりしていましたが、ようやく出会いました。いやぁ~、都会に出てきて良かった!味もサービスも全てが満足で、文句のつけようがない。シェフ自身が非常に有名人で、TV番組でセクハラ疑惑もありましたが、味が全てを許してしまう??くらいにパーフェクト。有名人も多く、私たちが行った時は、有名女性デザイナーがのんびりとテラスでカフェしていました。ベジタリアンが納得するのですから、その他のメニューもきっと最高のはず、是非お試しあれ。Map

 

Tapas Ahad HaAm-Shef Yonatan Roshfeld

こちらも超有名シェフのスペイン小皿料理・Tapas専門のレストラン。そしてなんと、hibinoの真向かいにあり、連日連夜待ち客で行列ができる話題の店。夜は一ヶ月先から予約しないと入れないそうですが、週末の午後に飛び込みで入ってみたら、15分ほど待って運よく席が空きました。ちらほらと芸能人もいます。とりあえず、ベジ数皿・・・というか、前菜系のもの全部とニョッキを頼みます。Tapasの名のとおり小皿にちょこっと盛り付けられ出てきました。値段の割りには・・・とつい思ってしまいますが、食べてみると美味い!と何度うなずいたことか!イスラエルで今まで味わってきたものと違う「味」があるのです。何といいましょうか味にセンスがあるのです。レゲヴの両親はカラマーリを注文し、これまたうなずいていたので美味かったようです。イスラエルでは珍しいファミリー向けではなく、カップル向けといえる洒落たレストランです。お試しあれ。Map

続きを読む