Regev in Japan 2007

レゲブの日本滞在記第2弾 題して「レゲヴの小さい秋みーつけた 2007 in 新潟」


                                     (Produced by Regev)

先発・後発ラインイスラエルからパリ経由で出発し、危うくイスラエルの免税店で購入した、お土産高級ブランディーを、パリでの乗換えで、没収されそうになるトラブルを乗り越え、(液体は持ち込み禁止ということで・・・)ようやく辿り着いた日本で、レゲヴが最初に疑問に思ったことは、上越新幹線の乗り場にある、先発と後発の並びライン。「すごい!さすが日本だ。こんなこと日本人にしかできないよ」、と感心。ほんと、私も、感心します・・・・
 

 

七五三 七五三
新潟に到着したのは夜中の12時。恒例の佐藤家酒盛りは、次の日へと持ち越され、レゲヴも安堵・・・?して就寝。そして、やってきました大宴会。今回も大活躍の、母お手製の「お袋の味、だし抜き」料理で、レゲヴもご満悦。大好物の厚揚げの煮物、ぜんまいの煮物、小なすの漬物をパクパクと食べ、うまい新潟の酒と自家製梅酒を、ゴクゴクと飲んで、早めのご就寝となりました。次の日は、甥っ子の七五三。天候にも恵まれ、汗ばむほどの良い天気となり、色とりどりのかわいらしい衣装を着た子供たちを眺めて、日本の風習と、お祝い事を、「かわいい、かわいい」と珍しがるレゲヴのほうが、子供たちには珍しかったのでは、ないだろうか・・・七五三の後は、みんなで食事をし、「めでたい」の鯛を眺めて、レゲブの日本の風習体験を終了。私も最近の子供の七五三を見て、自分の時とは、えらい違いだ・・・と、一人感心してしまいました・・懐かしい千歳飴の味は、子供のころより、感激しない・・でした。 

 

Emobile レゲヴの日本での仕事が、新潟にも上陸。偶然見つけたレゲヴは、大感激。その名は「E MOBILE」。この携帯の一部のシステム(3D)を、レゲブ達が作成している。DOCOMOに対抗して作られた新しい携帯会社らしいが、・・・・どうだろう?勝算は・・・・・・・難しいかな・・・
 

 

嵐渓荘 嵐渓荘 貸切風呂 露天風呂 嵐渓荘の大竹さん 栗
またもや、京都を断念して、日本の秋を楽しむため、新潟県三条市にある嵐渓荘さんで、2泊の温泉三昧。部屋は大きな窓で景色を一望でき、風流なつり橋や水車小屋、川のせせらぎを聞きながらの温泉、まさに秘境の温泉を満喫。食事はすべてベジタリアン食をお願いし、めずらしい山の幸や、おいしい豆腐、きのこ、てんぷら、レンコンの団子など、十分すぎるほどのおいしい食事を堪能。これほどおいしいベジタリアン食は、今までに食べたことがありません。温泉も貸切風呂で一杯なんて趣向を楽しみ、人の少ない朝風呂では、レゲヴが一人で温泉に入れるようになったことを記念して、激写。低温でしょっぱい温泉なので、ゆっくり浸かって、お肌すべすべでした。二日目は嵐渓荘の大竹さんが、車のない私達のために、紅葉スポットを案内。色づき始めたばかりの紅葉に、日本人でよかった・・と改めて感激。レゲヴは、見たことのない栗を拾って、大喜び。しかし、栗を食べさせても、それほど感激していなかった・・・日本の美しい自然と、人をもてなす心、そして温泉。すべてが絶妙にかみ合い、最高に素晴らしい温泉旅行でした。レゲヴと私の常宿確定!です。  

クレーシェルイスラエルのケーキはおいしくない。しかし、超甘党のレゲヴにはわからない。そこで、日本の芸術的センスのケーキを食してもらおうと、新潟のおしゃれなケーキ屋さんに連れて行った。季節はマロン、もちろんモンブランと、チョコレートのケーキを注文し、コーヒーを飲みながら、おしゃれなティータイム。(イスラエルにはしゃれたケーキ屋さんがない。)味で楽しみ目で楽しむ、日本の食文化は最高!でも、レゲブには、甘さ控えめでは満足できないらしい・・・(レゲヴの格言; 甘すぎるという概念は存在しない。)おいしいケーキの後は、新潟散歩。リバーサイドを大喜びで自転車こいでました・・・・ 

 

佐藤家兄 割烹慶
恒例の新潟の夜を楽しもう・・・の面々。佐藤家長男と、その友人経営の粋な割烹で、楽しい会話が弾む。この日はちょうど日本シリーズで中日が優勝を決めた日。中日ファンの店長と、喜びの記念撮影。野球をまったく知らないレゲヴは、野球帽を始めてかぶりました。当然のごとく飲まされて、レゲヴは早めの帰宅となりました・・・・・・・・が、しかし、宴会は続く・・・・ 

 
よさこいまだまだ続く夜の街、新潟。日を改めて、日本の典型的な居酒屋に行きたい・・というレゲヴの希望をかなえるため、酒も抜け切らないまま、次の日は、居酒屋探索。(どこまでも酒豪)おしゃれとはほど遠い、かつての居酒屋を彷彿とさせる、おやじの居酒屋に侵入。レゲブはカルピスチューハイを初体験し、おいしさに大感激。レゲヴが想像したとおりの、日本の居酒屋体験でした。
 

 

文化の日 ガラガラ
レゲヴ最後の日は、文化の日。秋晴れに恵まれ、のんびりと自転車で新潟散歩を始める。新潟県政記念館では、かつての新潟の写真を眺め、その変わりようにレゲヴも私もびっくり。白山公園では、昭和天皇が植えた松の木を見つけて、またびっくり。文化の日ということもあり、あちらこちらで催しものがあり、レゲヴもガラガラ初体験。3等賞で炭をもらいました。美しい紅葉のなか、さわやかな風と共に、のんびりと一日を過ごし、これでもう、レゲヴも新潟の人。
 

柊 柊とレゲブ
10日間の滞在で、甥っ子の柊とレゲヴは大の仲良しに。 柊はいつもレゲヴの見えるところで遊び、朝は目覚まし役となり、 暇さえあれば、レゲヴにおもちゃを見せていた。 レゲヴは片言の、おぼえたての日本語で、柊と会話を交わし、 柊は、おかまいなしでレゲヴに話しかけ、ほのぼのと会話が成立していたから、不思議だ・・ レゲヴは今回の新潟滞在で、一人で周辺を出歩けるようになり、 一人で喫茶店に入って、のんびりすることもできるようになった。(成長だ!) これで、今後の私の役目も軽くなるというもの。 はじめから、終わりまで、飲みっぱなしの新潟滞在。 帰りのスーツケースには、8KGの自家製梅酒が詰め込まれ、 レゲブの大好物の、小ナスの漬物も、入っていた。 毎回、日本へ溶け込んでいくレゲヴ。 次回のレゲヴ日本滞在を、乞うご期待。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中